MDツインの妊娠出産記~35歳の私の場合~

35歳で双子妊娠
喜びと戸惑いの初期~中期

こんにちは!現在2歳のMDツインの女の子の双子を育てているNANAです。
私は、高齢出産に入ると言われる35歳で双子を出産しました。

周りには双子ママがおらず妊娠中は不安になることも多くありました。
妊娠・出産も十人十色ですが、
少しでもMDツインを妊娠されているママの参考になれば嬉しいです。

お休みをしたターンで自然妊娠

32歳で結婚し、なかなか妊娠をしないまま迎えた34歳の春。
思い切って、不妊治療専門のクリニックへ行ってみることにしました。
様々な検査を受けながらなかなか妊娠に至らない日々。
何度目かの排卵検査を予定していた日にちょうど旅行に行く予定があり、気持ちをリラックスしたかった私は思い切って検査を見送り
夫と楽しみにしていた島旅に行くことにしました。
すると、旅で妊活のことを忘れてリラックスしたのが良かったのか旅から帰って3週間後、自然妊娠が分かりました。

続く体調不良・・・まさかの双子だった!

念願の妊娠が分かってからすぐにつわりが始まり、寝ても頭痛がとれないということが続きました。
思ったほどはつわりは重くありませんでしたが、魚を焼く匂いやごはんを炊く匂いがダメになり…買ったおにぎりとお味噌汁だと食べられたのでそのメニューばかりを食べていました。

立ち仕事をしていたある日、いきなり目の前がチカチカと光りぐるぐると目が回るような感覚で、立っていることができなくなり息苦しさを覚え、その場に座り込んでしまいました。(その後も、妊娠中はこのようなことが何度かありました)

この時はまだ赤ちゃんは1人だと思っていて体調のことを重く考えていなかったのですが、今思えば、2人の赤ちゃんを育てていた体は悲鳴をあげていたのかもしれません。
あまりの体調の悪さにすぐに産婦人科へ行くと、まさかの双子!
膜性診断を行うため、その日の診察はかなり長かったです。
とても驚きましたが、病院からの帰りは、不安よりも嬉しさが勝っていました。
私はフリーランスで仕事をしていたのでその先の不安がありましたが、きつい仕事はお断りをして、もう、無理をすることはやめよう、と心に誓いました。

ネット検索魔になり、不安の渦へ・・・

しばらくすると、現実的なことが胸に押し寄せてきました。
胎盤を2人で共有しているMDツインだったため「安定期はないと思ってね」と言われていました。
先生からは

  • 1つの胎盤を共有している一絨毛膜二羊膜のため、2人の間に不均衡が起こるリスクがあること
  • NICUのある総合病院への転院が必要であること

を説明されました。

何事もそうだと思いますが、不安なことを検索すると不安な記事が出てくるので、それを読んではまた不安になる、ということを繰り返していました。
でも、せっかくの妊娠期を不安に押しつぶされてすごすのはもったいないと思い、信頼できる病院の先生のお話と自分の体の感覚を信じることに決めました。

\ あ わ せ て 読 み た い /

はじめての胎動

妊娠5カ月に入るとつわりは大分落ち着いてきて、妊娠18週の時に、初めて「これだ!」と思う胎動の感覚がありました。
私の場合、「ぽこぽこ」という叩いているような感覚ではなく、「ぐにゅーん」と、移動している、というような感覚に近かったです。
エコーで見る双子それぞれの定位置は決まってきていましたが、どちらがどちらの胎動かはあまり分かりませんでした。
この頃は2週間に一度の検診感覚で、検診までの間がとても長く感じました。
待ちに待ったエコーで2つの心臓が動いているのを見ると、その奇跡に感激と安堵をして、毎回涙が溢れていました。

里帰り先の病院を受診

里帰り出産をするつもりだったので、NICUのある地元の総合病院を妊娠20週の時に受診しました。
妊娠生活は順調だったものの、転院先の先生からは、改めてリスクの説明と共に

  • MDツインの妊娠でいつ何が起こるか分からないので早目に里帰りした方が良いこと
  • 検診間隔は1週間に1度になること
  • 経過が順調でも年齢的のことも考えて管理入院は妊娠28週からになること
  • 自然分娩と帝王切開での双子出産の違いについて
    (私が出産した病院では多胎は基本的に帝王切開の方針でした)

などの説明がありました。

早目の里帰りを強く勧められ、1カ月ほど前倒しをして実家に帰ることに。
これまでは比較的経過が順調だったので「双子を妊娠している」ということが、リアルにとらえられていなかったのですが、先生からの説明がより現実的で「いよいよ、双子出産に向かうんだな・・・」という現実感が押し寄せて、引き締まるような、怖いような気持ちになったことを覚えています。

そして、長い管理入院生活が始まりました。 体験記②に続きます!
(後日更新予定)

妊娠初期~中期を振り返って

お忙しい中、長い文章をお読みくださってありがとうございました。
思いもよらなかった双子妊娠。
年齢やハイリスクな妊娠故に不安になることも多くありましたが、エコーで動く2人を見るたびにその奇跡を強く感じられる、貴重で素敵な時間でもありました。
また、お腹の双子を気にすることで、自分自身の体を一番労われた期間でもあったように思います。
最近よく話すようになった双子に聞いてみると「ママのおなか、ピンクだった」と話してくれました。その話を聞いてから妊娠中の大きなお腹の写真を見て、ほっこりしているこの頃です。

\ あ わ せ て 読 み た い /

NANA

2017年4月生まれのMDツイン女の子のママです。 姫たちと楽しめることを増やしたくて、少しずつ 行動範囲を拡大中です^^ 試行錯誤の双子との実生活から感じ...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA