双子を自然分娩で出産

自然分娩で双子を出産した体験談

自然分娩で双子を出産!体験談

多嚢胞性卵巣症候群と発覚しクロミッドで治療の末双子妊娠、自然分娩で出産をしました。
その時の体験記です。

自然分娩とは

自然の陣痛発来を待ち、麻酔・陣痛誘発・帝王切開・吸引分娩・鉗子分娩などの医療処置を行わずに、経膣分娩を行うこと。

双子妊娠だったので、分娩は当然「帝王切開」だろうな、怖いな、いやだなぁ…と思っていました。
通っていた病院の院長先生から「うちは基本、自然分娩でいくから」と聞いた時は、びっくりしましたが正直ホッとしました!

13週 シロッカー手術のため入院

仕事で保育士をしていて、当時年長の担任。
もうすぐ卒園式を迎える中で管理入院は絶対出来ないと思っていた矢先に先生からシロッカー手術をすすめられました。

妊娠中期以降の流早産の原因として最も多いものは頸管無力症であり、原因の約半分を占めていると言われています。妊娠中・後期になって、何の誘因もなくまた陣痛様の痛みもないままに、自然に子宮口が開いてしまうことにより流早産に至るため、その治療ないしは予防策として、子宮頸管を縫宿する手術が行われるのが一般的です

仕事の都合もつけ、卒園式の次の日。13wで1週間入院しシロッカー手術を受けましたが
手術中、麻酔をしていても、お股をグイグイひっぱられる感じがありました…。
1週間で退院し、それから産休に入るまでバリバリ仕事をしていました!

36週 シロッカー手術の抜糸

36wの検診でしロッカー手術で縫合した糸の抜糸をする事になりました。
不安で汗が止まらなかったのを覚えています。
お股を広げられハサミのような物が入り、糸を切っている音が聞こえました。
(これがまた、広げられてるから痛い…!)
先生の「はい、終わり〜」と共に終了。

妊婦検診最後

抜糸が終わってエコーで双子の確認。
幸い、2人が逆子になること無く、そのまま自然分娩での話が進む中で
「2600g超えてるからもう37w入ったら産もう」と先生に言われて4日後から入院する事に

いざ、出産!

まずバルーンを入れ、点滴で陣痛促進剤の投入をはじめました。

バルーンとは?
バルーンは誘発分娩に使用されており、子宮口を開かせるための医療器具です。陣痛を誘発するために用いられ、その名の通り風船のような形をしています。

朝の9時から点滴を打ち続けても、子宮口は開かず…ただただ痛い。
陣痛には間隔があると言いますが、促進剤の場合は常に強い陣痛が続きます。
苦しんでいる中旦那は隣で座って携帯ゲームをしていました…。怒
苦しみは夜まで続きましたが点滴が終わった所で、その日は先生がいなくなってしまうので1回終了。
もしこれが陣痛に繋がるのならば産むということになりました。

そして次の日…

次の朝9時から再度促進剤の点滴が始まりました。
また痛い時間が過ぎていきますが、それでも子宮口は開かず、破水もせず…
とうとう、助産師さんが人工的に破水をさせました。
そこからやっと子宮口が全開になったのが、午後でした。
陣痛室から分娩室に行く道のりを
他の方は車椅子に乗せられていたのになぜか
私は歩いて行かされ立ち会おうとしていた旦那が後ろをついてくる。
だけど旦那さんは来ないでと止められる。

ついに出産!

分娩台に上がると目の前には10人ほどの実習生が!
双子の自然分娩は珍しかったらしく、苦しんでいる中一人一人に勉強させてくださいと挨拶をされました!笑
双子を自然分娩する時の注意点として…
1人目が産まれると、お腹に余裕ができて2人目の子が回転し逆子になってしまうことがあるそうで
そうなった場合は帝王切開に切り替えると説明を受け、エコーのモニターや帝王切開の準備も同時に進められていました。
陣痛の山がくるなりいきみますが、赤ちゃんは全然降りてくる気配がない。
もう分娩台に上がって2時間が経とうとしていました。
先生が手を入れてくれたりして、なんとか一人目を出産!
「あ〜生まれた」と感動する暇もなく「次の陣痛でもう1人産むよ!」と声をかけられます…!
2人目は懸念していた回転する(逆子になる)ことなく長女が生まれてから4分後に出産しました!
1人目が生まれた時に産道が出来ているので、次女は軽々1回でツルッと出てきました。
そこからは私の処置を行ったり、赤ちゃんを胸の上に置いてくれたりしましたが
2日間の壮絶な戦いに体力を奪われ疲れきっていました。
そしてその疲れているのに10人の実習生達は1人1人ありがとうございました!と挨拶して部屋を出ていくのでした。笑

産後

産後4時間は分娩台で休んでおくように言われました。
4時間休んでも、筋肉痛と貧血で動けず…部屋に戻る時は車椅子で運んでもらいました。
部屋についてからも、会陰切開で縫合した部分が痛かったですが、歩くことはできました。
後陣痛も出血も多く、個室の部屋のトイレを血まみれにしてしまったり…お腹を冷やしてもらったり鎮痛剤を飲んで痛みを和らげて過ごしました。

最後に

長くなりましたが私の自然分娩体験談でした。
これから出産される方に少しでも
役に立ててもらえたらと思います!

みんなの多胎妊娠出産体験記

四つ子妊娠出産体験記

関連記事

初産で、よつごを妊娠出産しました。妊娠発覚から管理入院までの生活、不安な気持ちがどう変わって行ったか……参考になる方がいらっしゃれば嬉しいです![adcode]最初は一人からの…よつご妊娠発覚!妊娠が分かり次の日、す[…]

四つ子妊娠出産体験記 よつご 妊娠

三つ子妊娠出産体験記

コロナ禍

管理入院中、上の子に逢えないのがつらかった…コロナ禍で一卵性の三つ子の妊娠・出産した体験記です。[adcode]三つ子妊娠がわかった時三つ子は自然妊娠でした。妊娠10週の頃、はじめは「双子か[…]

コロナ禍 三つ子 妊娠 出産 一卵性
品胎のFLP手術

多胎妊娠特有のリスクの一つが双胎間輸血症候群(通称:TTTS)。このページではでは、三つ子妊娠中にTTTSのレーザー手術(FLP血液凝固術)を受けた体験記をご紹介しています。[adcode]品胎(三つ子[…]

三つ子品胎のTTTS治療手術体験記経験談
三卵生

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)からの三つ子妊娠発覚〜シロッカー手術筆者が三つ子を妊娠した時、上の子はまだ2歳になったばかりでした。まさか自分が多胎児を妊娠するとは思っていなかったので、不安しかありませんでした。自分史上最高の[…]

TTTS

二卵性みつごの女の子と、お兄ちゃん。4児母のLinaです。よく「三つ子ちゃんの育児、何が一番大変?」と聞かれるのですが、私にとっては「妊娠中が一番大変」でした。何度も「3人全員を産んであげられないかも」と苦しんだり、「どんな[…]

三つ子 妊娠 出産 体験記 ブログ
医療ケア児

三つ子のうち1人が医療的ケア児三つ子の男の子を育てています。うち一人は、医療的ケア児です。社会的にもまだまだ認知度の低い医療的ケア児と、そうでない子どもを同時に育てている私の葛藤や、記録を残したいと思います。同じように悩まれてい[…]

双子妊娠出産体験記

自然分娩

自然分娩で双子を出産!体験談多嚢胞性卵巣症候群と発覚しクロミッドで治療の末双子妊娠、自然分娩で出産をしました。その時の体験記です。[adcode]自然分娩とは自然の陣痛発来を待ち、麻酔・[…]

双子を自然分娩で出産
年子で双子

こんにちは、chakiです。1歳と0歳0歳の3人。年子の双子を育児しています。よく街中で、「双子ちゃんなの?でも双子より年子の方が大変よ~」と声をかけられることがあるのですが「年子で双子なんです」と言うと、返す言葉も[…]

高齢出産

こんにちは!現在2歳のMDツインの女の子の双子を育てているNANAです。私は、高齢出産に入ると言われる35歳で双子を出産しました。周りには双子ママがおらず妊娠中は不安になることも多くありました。妊娠・出産も十人十色ですが、少[…]

双子を高齢出産した経験談
MMツイン

多胎妊娠の膜性診断の中でも、最もリスクが高いといわれているMMツイン。1絨毛膜1羊膜といわれ、一つの胎盤を共有しているために栄養の悪循環が起こるリスクがあり、さらに、多胎児を隔てる膜がなく、へその緒が絡まってしまうリスクがあるのが特徴で[…]

MMツイン 妊娠出産 体験記 ブログ
PCOS

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)からの双子妊娠男女のDDツインを出産したemiko.です。私の双子の妊娠は自然妊娠ではありませんでした。少しでもお役に立てればと思い、体験談を書かせていただきます!少し長いので、まずは妊娠するま[…]

PCOSからの双子妊娠
管理入院なし緊急帝王切開

双子(多胎)妊娠=管理入院のイメージがありましたが、私が出産した病院では、特に管理入院などはなく、経過が順調なら37週で帝王切開の予定でした。(初期から35週までは2週間ごとの検診でした)今回は、管理入院がなかった私の双子出産の[…]

低身長

低身長ママの双子妊娠出産体験記私は151㎝の低身長で双子を出産しました!私の妊婦生活での辛かったこと、大変だったこと、過ごし方を初期・中期・後期に分けてお話ししていきたいといます。に分けてお話ししていきたいといます。今回[…]

低身長ママの双子妊娠

双子を自然分娩で出産
最新情報をチェックしよう!
>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア