サイトデザイン変更中につき、一部見づらいページがあります。

低身長の双子妊婦〜後期編〜

低身長ママの双子妊娠出産体験記

私は151㎝の低身長で双子を出産しました!
私の妊婦生活での辛かったこと、大変だったこと、過ごし方を初期中期・後期に分けてお話ししていきたいといます。
今回は後期のお話です。

妊娠初期から読みたい方はこちら

私は151㎝の低身長で双子を出産しました! 想像していたマタニティライフとは程遠いものでした。 初産で双子妊娠、妊娠初期の発熱、つわり、激しい動悸など…不安な毎日の中、少しでも情報が欲しくて、本やネットで情報をたくさん調べました。 今[…]

妊娠8ヶ月

腹囲 86㎝

この頃には胎動がとても強くなってきて、夜眠るのも大変でした。

寝ている時に、何度もブレーキが効かなくなった車で暴走する夢をみました!
とても怖い夢で目が覚め起きた時には泣いていたこともありました。
当時はあまり深く考えていませんでしたが、お腹が重く苦しくて寝苦しい夢をたくさん観ていたのでは?と思います。

妊娠8ヶ月の検診の際に、鉄分不足のため鉄剤を服用することになりました。
鉄剤の処方にあたり、先生からは下記のような説明がありました。

  • 鉄剤を飲むと便が黒くなる
  • 便秘になりやすくなる

この頃

  • 手の痺れ
  • 目がチカチカしたり目が回る
  • 動機が激しくなる

という症状が出ており、鉄剤の服用は出産当日まで続きました。

自然分娩 or 帝王切開

今まで双子であること、また逆子ということもあって、帝王切開の話しか聞いておらず、私もずっと帝王切開だと思って過ごしていました。
しかし、この時期に2人とも逆子が治り、自然分娩という選択肢が初めて出てきました!

どちらにするかとても悩みました。
せっかく逆子も治ったから自然分娩で出産するべき…?
でも、今まで全く考えてなかった選択肢だから躊躇してしまう自分もいる…

悩んで次の検診の日に「自然分娩でお願いします」と先生に話しました。

すると、先生から

「〇〇さんの場合身長も低くて体も小さいから、自然分娩だと難産になる可能性が高いです。1人目が産まれた後に一気にスペースが空くのでその時にもう1人が回転してしまって、そこから帝王切開になる可能性もある。」

と説明がありました。
ここで初めて低身長であることのリスクを実感しました。

低身長妊婦のリスクについての補足

身長が150センチメートル未満の女性は骨盤が小さい可能性が高く、例えば、胎児の肩が母親の恥骨に引っかかることがあります。この合併症は肩甲難産と呼ばれます。身長の低い妊婦では、さらに切迫早産や胎児の発育不全が起こる可能性も高くなります。

先生に「赤ちゃんが1番安全に生まれる方法を選びたい」と伝え、帝王切開をすることに決めました。

当時読んでいた双子のマタニティ本には「早い段階で管理入院をして出産に備える」ということが書かれていたので、「いつ頃から管理入院ですか?」と聞くと、「〇〇さんは今のところ特に目立った問題もないから、病院にいても家で寝ていても変わらないので帝王切開の予定に合わせての入院で大丈夫です」と言われ、リスクが高いと言われ続けた双子妊娠でも入院なしで出産する事もあるんだ!と驚きました。

妊娠9ヶ月

腹囲 31週 88㎝→33週 90㎝→35週 92.5㎝

お腹が大きくなるスピードが早くなりました。

今までは「双子妊娠しているようにあまり見えないね」とよく言われていましたが、9ヶ月に入ってから1週間ごとにお腹の形も大きくなり、どんどん下に下がってきているのも自分でも分かるように。
写真を小まめに撮っておくと、自分でもお腹の変化が見て分かるのでオススメです♪

肋骨がバキバキと痛んだり、たまに恥骨あたりがピキッと痛みが走ったり、この頃には毎日この痛みはなんだ?生まれる合図なのか?と不安に…
毎日心配で、入院して常に診てもらいたい気分でした。

9ヶ月に入って実家から母が手伝いに来てくれたので、帝王切開の日まで持つように、私は家でも寝たきりの生活になりました。

32週に入り、毎日続けていた胎動カウントをしていたら、1人はすごく動き回っているのにもう1人は動きがあまり感じられず、病院へ電話しすぐ診てもらうことになりました。病院に着くとすぐNST検査をしました。
検査の結果2人とも心拍も正常に確認できて問題なしでした。
先生の話では、1人は少し小さくて動き回るスペースもあるから胎動がよく分かるけど、もう1人は動けるスペースが狭くて胎動を感じにくいとのことでした。

先生から「少しでも不安なことがあったら連絡して病院へ来てね。問題ないと分かるだけでも安心できるよ」と言われて心強かったです!

他にも後期には…

  • ご飯を満腹に食べたわけではないけど、食後に立ち上がると一気に苦しくなって歩けない。
  • 母が実家からお手伝いに来てくれたので、ベビー用品を一緒に買いに出かけたが、立っていられず…お店の方が椅子を持ってきてくれて座らせてもらった。
  • 1時間以内の車の移動も苦しく、ずっと同じ体勢で座っていられなかった。

このように、後期になると座る・歩く・同じ体制でいることで苦しくなる事がとても増えました。

私が管理入院せずに済んだ要因には、母が手伝いに来てくれて、家でも寝たきりで過ごせた事がとても大きかったと思います!

後期は胎動でさえも痛すぎて大変でしたが、もうすぐ赤ちゃんに会える日が待ち遠しくて、いつ入院になっても大丈夫なように荷物をまとめて過ごしました。
出産を終えた今でも、後期のお腹の写真や胎動の動画は良い思い出です♪

次回は帝王切開に向けての管理入院から、帝王切開のお話をしていきたいと思います!

あわせて読みたい
関連記事

多嚢胞性卵巣症候群と発覚しクロミッドで治療の末双子妊娠、自然分娩で出産をしました。 その時の体験記です。 [s_ad] 自然分娩とは 自然の陣痛発来を待ち、麻酔・陣痛誘発・帝王切開・吸引分娩・鉗子分娩などの医療処置を行わずに、経膣分[…]

自然分娩で双子を出産!みんなの多胎妊娠出産体験記
関連記事

多胎妊婦の多くが経験するのが早産予防のための“安静”ではないでしょうか? 管理入院を経験される方も多いでしょう。 私自身、妊娠中期から自宅安静指示が出ていたのですが、当時上の子が2才になったばかり… まだまだお世話も必要。甘えたい盛り[…]

>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア