サイトデザイン変更中につき、一部見づらいページがあります。

【三つ子出産記】①妊娠&シロッカー手術について

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)からの三つ子妊娠発覚〜シロッカー手術

筆者が三つ子を妊娠した時、上の子はまだ2歳になったばかりでした。
自分史上最高の体調の悪さを体験、人生初の手術(シロッカー手術と帝王切開)、長期入院etc…
今後多胎妊婦となる方々の手助けになればと思い記事にさせていただきます。

三つ子妊娠のきっかけと決意

我が家の三つ子たちは自然妊娠ではありません。
これ、道端で遭遇したおばさまたちによく聞かれます。「自然?不妊治療?」って。
筆者は初潮を迎えてから規則正しく生理が来たことはありませんでした。
社会人になってから生理が不規則すぎるのも困るので、婦人科に相談したところ「多嚢胞性卵巣症候群」だったという事が判明。
排卵しづらい体でしたので上の子の時も婦人科で排卵誘発剤を処方してもらいタイミング法ののち、妊娠に至りました。(これらの詳細説明は割愛しますね。)
[s_ad] 無事に妊娠し、まさか三つの命が宿っているとは思わず筆者は出産したい産院へ向かいます。(治療している病院では出産を扱っていなかったのです)
そのとき見たエコーがこちら。

このとき8w6dでした。二人の心拍は確認でき、一人の心拍は確認できずこの日は双子だと診断を受け、双胎妊婦を受け入れてくれる病院へ転院が決まりました。
がしかし・・。転院先で三人目の心拍も確認でき、周産期母子医療センターへの転院が決まったのです。
紹介状にかかった費用、無駄すぎる・・。
周産期母子医療センターでは三つ子妊婦はかなりリスクが高いこと、シロッカー手術(のちに記述します)が必要なこと、妊娠中期以降には管理入院が必要なことを説明うけました。
もうパニックです。無事産めるのかどうか、上の子の預け先、三つ子を育てられるのかどうか・・。
家族会議を重ね、筆者は出産する決意を致します。
[s_ad]

>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア