サイトデザイン変更中につき、一部見づらいページがあります。

【6〜12ヶ月】子どもを理解し、イライラを解決【イライラママを卒業したい!】

連載「イライラママを卒業したい!セーブ・ザ・チルドレンからの処方箋」より、6〜12ヶ月の子どもの考え方・感じ方をピックアップしてお伝えします。
この時期の子どもの考え方や感じ方、そしてこの時期の親の困り事をを理解することで、イライラせずに課題を解決することを目指す記事です。
[s_ad]

6〜12ヶ月頃の赤ちゃんは…

喃語がはじまります

泣くことが減り、笑うことが増えてくる時期です。
喃語もはじまるでしょう。

喃語には返事をしましょう◎

赤ちゃんは自分が話すと親が耳を傾け、返事をしてくれることを学びます。
コミュニケーションを促す最初の一歩になります。
時折大人にとって「奇声」と感じるような大きな声を出すことがあるかもしれませんが、それも発声練習の1つ。
あなたに恥をかかせたり、怒らせるためにやっているのでは絶対にありません。

この時期の育児の困りごと

後追いをしたり、夜泣きが始まるかもしれません。
泣き続ける理由がわからず、途方に暮れてしまうこともあるでしょう。
この時期の赤ちゃんは、ママが部屋を出ていったことはわかるけど、戻ってくるということを理解できません。
なので、少しでも姿が見えないと、とても不安に感じてしまうのです。
また、この時期は身体や脳のリズムが整ってくる時期でもあります。
毎晩同じ時間に赤ちゃんが泣く=身体や脳にリズムができている証拠。
泣くのも脳が「整って」くるための自然な反応です。
他にも

  • 歯が生える時。痛む時があるけど「痛い」と伝えられずに泣いていたり
  • 病気の時。「辛い」と伝えられずに泣くこともあるでしょう。
[s_ad]

この時期のイライラを解消しよう!

子どもが後追いがはじまると、他のことが何も手につかず途方に暮れてしまいますよね。
常におんぶをしながら家事…という人も多いと思いますが、身体的に疲弊してしまい、イライラスイッチが入りやすくなってしまうことも。
赤ちゃんがなぜ、後追いするのか?
この時期の発達段階を思い出してみましょう。
この時期の赤ちゃんは、ママが部屋を出ていったことはわかるけど、戻ってくるということを理解できません。ママが少しトイレに行っただけでも、今生の別れのごとく泣いてしまうのです。
このことを理解していれば、イライラせずに
見えない場所に行く時も
「10秒で戻るからね、イーチ、ニー…」と声をかけ続けて
ママがそこにいることを伝えたり

キッチンに椅子を持ってきて
家事をしているところを見せてあげたり

泣いてしまっても
離れる時に「必ず戻る」と伝え
戻った時にぎゅーっと抱きしめてあげることで
「必ず戻ってくる」という安心感を伝えたり…

お子様の気持ちに寄り添った対応ができるでしょう。
[s_ad]

イライラママを卒業!
各年齢のモノの見方を知り、課題解決をしよう!

▼第一回 はじめから読む方はこちら
子育ての目標を意識して、イライラママを卒業!
[clink url=”https://tatai.mom/32502/positive_discipline_1/”] ▼第二回 温かさと枠組み=愛情とルールを伝えてイライラを卒業!
[clink url=”https://tatai.mom/32502/positive_discipline_1/”]


【参考文献】連載「イライラママを卒業したい!セーブ・ザ・チルドレンからの処方箋」はこちらの書籍を参考に、内容を抜擢・筆者の経験と交えてご紹介しています。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ書籍もご覧ください。
▶︎ジョーン・E・デュラント 「ポジティブ・ディシプリンのススメ」

>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア