イライラママを卒業したい!セーブ・ザ・チルドレンからの処方箋【第1回】

たたかない、怒鳴らない、ポジティブな子育て

「今日も子どもに怒鳴ってしまった…」
「言うことを聞かなくて、無理矢理手を引っ張って歩かせてしまった…」
我が子の寝顔を見ながら、毎晩一人反省会。
こんなママ、きっと、私だけじゃないはず。

「たたかない、怒鳴らない、ポジティブな子育て」
…理想だけど
「理想」 だよね?
現実は毎日怒鳴ってばっかり…。
そんなキレイ事言う人いるの?

発信元は国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」

発信元は国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」。一度は聞いたことはある?

「子どもの権利」に関して世界規模で取り組んできた100年のながーい歴史をもつ団体。
世界中の自然災害や紛争の影響を受けた子どもに支援を行ったり、暴力から子どもを保護したり、妊産婦や子どもに関わる保健のこと、栄養のこと…子どもが「生きる・育つ・守られる・参加する」ために全力で取り組んでる団体

そんな、子どもたちの未来を本気で良くしたい!と100年もの間活動してきたセーブ・ザ・チルドレンが
満を持して提案する子育ての効果的な手法
があるんだって!

その名も「ポジティブ・ディシプリン」

手をあげたり、怒鳴ったりではなく
でも、したい放題にさせるわけでもなく
日々の課題に子どもと同じ目線で向き合い
自信とちからを伸ばしていく子育ての考え方

ふむふむ。
言ってることは、すごく良いよね。

ポジティブ・ディシプリンを自分のものとすることで、子育てにあるストレスや不安を軽減させることが可能になります

おぉ!?
つまり、子育てにストレスを感じたり、不安に感じるママたちへの処方箋ってこと!?

「ポジティブ・ディシプリン」とは?

罰を与えるような「しつけ」をする子育てでもなければ、「何でもOK」な放任主義の子育てでもない。

子どもの自立と、人生で必要とされる力を伸ばすための子育ての手法。
特に大切にしているのは「非暴力」「共感」「自尊心」「人権」「他者を尊重する精神」を子どもに教えること。
ポジティブ・ディシプリン

「ポジティブ・ディシプリン」の実践 4つの原則

ポジティブ・ディシプリンには4つの原則があります。

1、子育てにおける長期的な目標を決める
2、温かさを与え、枠組みを示す
3、子どもの考え方、感じ方を理解する
4、課題を解決する

ポジティブ・ディシプリン4つの原則
原則を1つずつ紐解いてみましょう。

原則1 子育てにおける長期的な目標を決める

我が子にどんな大人になってほしい?どんな人生を送ってほしい?

我が子に、どんな人になってほしいですか?
子育ての目標ってありますか?

困難に直面しても、自分を信じて壁を乗り越えられる人になってほしい。
人の気持ちのわかる、思いやりのある人になってほしい。
暴力を使わない大人になってほしい。
前向きに人生を過ごしてほしい。

こんな風に考えている人、多いのでは?
このような、「長期的な目標=どんな大人になってほしいか、どんな人生を送ってほしいか」を常に心に留めておくことが重要
これが「ポジティブ・ディシプリン」のファーストステップです。

今、考えた「子育ての長期的な目標」「我が子にこんな人になってほしい!」忘れないうちに、メモしましょう!

怒鳴ってしまうのは大抵「今すぐ子どもの行動を変えたい」とき

子どもに怒鳴ってしまうのって、大抵「今すぐ子どもの行動を変えたいとき」ではないですか?

今すぐ、横断歩道を渡らせたい
今すぐ、兄弟をたたくのをやめさせたい
今すぐ、トイレに行かせたい

今すぐに!何かしなければならない!
そんなときに、焦りからイライラやストレスが引き起こされ、子どもに怒鳴ったり、傷つけけるような言い方してしまいませんか?

子どもを叩いたり、怒鳴ったりしたらどうなるの?

大人が子どもをたたいたり、子どもを傷つけるような言い方をすると

子どもは…
・自信をなくします
・びくびくして落ち込みます
・攻撃的になります
・怒りや敵意を覚え、関係を悪くします
・身体的に傷つきます

自信がなくてビクビクしている人。
攻撃的な人。

これって、あなたの「子育ての目標」と逆行していませんか?

今すぐ正しい方法を教えたくて、怒鳴ってしまう
マナーがなっていないから、しつけと思って、怒鳴ったり、力づくで制御する

今起きている目の前のことをどうにかしたい!と思って突発的にとった行動が
本当に子どもに学んでほしいこと(先ほどメモした「こんな大人になってほしい」)から、子どもを遠ざけてしまっているかも…。

子育ての「長期的な目標」に立ち返る習慣をつけよう!

今起きている、目の前のことをどうにかしたい!と思った時に
「長期的な目標」=「我が子にこんな人になってほしい」を意識することができれば
突発的に怒鳴ってしまったり、衝動的な対応を避けることができます!

もちろん「今にも、車に引かれてしまいそう!」など、命に関わる切迫した事情があれば別ですが

「今すぐ靴をはかせたい」
「今すぐ兄弟喧嘩をやめさせたい」

そんな時には「長期的な目標」に立ち返るように、意識しませんか?

予定の時間に3分遅れてしまうことより、この子がより良い人生を送ることの方が大切。
靴は片方、ママが履かせてあげて
もう片方は「自分でできるかな?」
靴に足を入れるだけでも
マジックテープをペタッとできただけでも
自分でできたことは「自分でできたね!」と一言、肯定してあげればその子の自信に!

兄弟喧嘩も、あれ?もしかしたら「人の気持ちがわかる人になって欲しい」を伝えるチャンスかも!
「やめなさーい!!!」と怒鳴るのではなく
「Aちゃんは、Bちゃんに使っていたおもちゃを取られて、怒ったんだね。取られて悔しかったよね。」
「Bちゃんは、Aちゃんが楽しそうに遊んでいるから、うらやましかったよね。」
それぞれの感情を代弁してあげましょう。

このあと、Aちゃんに「使いたい時は“かして”って言ってごらん?」…など、折り合いがつけられれば良いですが、そう簡単にはいかないことも…。
それでも「人の気持ちがわかる人」を伝えたいなら、気持ちを代弁して双方に伝えた。これだけで十分お手柄です!

原則1「子育ての長期的な目標を決める」まとめ

長期的な目標を考える
子育ての目標を明確にする、意識する!
そうすると日々直面する課題を
子育ての長期的な目標に向かっていくためのチャンスに
変えることができる!

目標を決めたら、その目標を達成するためのツールが原則2「温かさを与える」と「枠組みを示す」です。
▼続きはこちらから(第二章へ)

Lina

7,110 views

プチプラと時短が大好き♡ 4歳のお兄と、2歳の二卵性三つ子の妹たちの4児母。 休日の楽しみは、子連れお出かけ! ストレスフリーに遊べる広々とした公園が気に入...

プロフィール

関連記事一覧