イライラママを卒業したい!セーブ・ザ・チルドレンからの処方箋【第2回】

連載中「イライラママを卒業したい!セーブ・ザ・チルドレンからの処方箋」第2回です。

▼第一回記事はこちら

おさらい

前回までの連載では
セーブ・ザ・チルドレンの推奨する子育ての手法「ポジティブ・ディシプリン」の説明と、4つの原則の最初の1つ「子育ての長期的な目標を明確にする」を確認しました。

ポジティブ・ディシプリンの原則は積み重ねていくもの

4つの原則は、積み木のように積み上げていくものです。
まず大切に意識していきたいのは前回取り上げた
「子育ての長期的な目標を明確にする」こと
子どもにどんな大人になって欲しいか?どんな人生を送って欲しいか?を日常的に意識する習慣を作ること◎
これが最初の1歩です。

私も早速「子育ての目標」を仕事用PCや部屋にペタペタ。
衝動的な焦りに負けないように!意識づけしていくぞー!

続いてご紹介するのはセカンドステップ。
原則2「温かさを与える」「枠組みを示す」です。

原則2 「温かさを与える」「枠組みを示す」

ポジティブ・ディシプリン 原則2

第一回で説明した原則1「子育ての長期的な目標を明確にする」は言わばあなたの「子育てプラン」です。
これからどんな風に子育てをしていきたいか?
どこに向かっていくのかを具体的にした子育ての計画です。

原則2で紹介するのは、あなたの計画を進めるための「子育てツール」
プランを実際に実行していくための、方法と道具。
それが「温かさを与える」こと、「枠組みを示す」ことの2つです。

温かさを与える

温かさを与える

「温かさ」ってなに?

プランを進めていくために、まずは、土台作りからはじめましょう!
家づくりでいう基礎工事。
それが「温かさを与える」です。

「温かさ」って抽象的ですが、この記事に辿り着いたあなたならきっと「温かさ」を感じたことが沢山あるはず!

誰かに褒められたとき
失敗して慰めてもらったとき
「あなたならできるよ!」と信頼して背中を押してもらったとき
初めて産声を聞いたとき
離乳食を完食してくれたとき
家族が笑い合っているとき…

他にもたくさんの「温かさ」を感じる出来事があなたの人生でもあったと思います!
「温かさ」を感じた時の心境、覚えていますか?

きっと
自信が持てたり
やる気が出たり
他の人への思いやりがもてたり
前向きに、挑戦する力が湧いてきたり…

そんな風に感じたのではないでしょうか?

子どもも一緒です!
特に子どもの頃に親から沢山の「温かさ」を受けった子どもは、大人になってからもバイタリティー溢れる人になる…というのは、どの育児本にも書かれた子育ての基礎ですね!

温かさを感じないと…

逆に温かさを感じないとどうなるか…
これも、もしかしたら皆さん多かれ少なかれ経験してきたことかもしれませんが…

不当に扱われたり
自分の行動を認めてもらえなかったり
暴力を振るわれたり、嫌な事を言われたり…

そんなことがあると…

自信をなくすし
正直でいるのが嫌になる。
怒ったり、攻撃的になる。
不安になる、落ち込む。
挑戦するモチベーションがなくなる。

これも、子どもも一緒なんです。

「温かさ」を感じる=長期的な目標の基盤!

「温かさ」を感じると…
大人を信頼し
自信を持ったり
挑戦する気持ちが湧いてきたり
思いやる気持ちが出たり
やる気が高まったり
します。

大人も子どもも、人が一番学べる瞬間=「温かさ」を感じているときなのです!

「温かさ」をどう与えればいいの?

「温かさ」を与える方法はたくさんあります!
そして、すでにあなたはたくさんの「温かさを」お子様に与えていると思います!

子どもをぎゅーっと抱きしめたり
絵本を読んであげたり
ほめたり、一緒に遊んだり、笑ったり…

これ、もうやってるんじゃないかな?

他にも…
子どもの話を聞いたり
子どもの視点になってみたり
傷ついたり怖がったりしているときに元気づけたり
子どもが間違えてしまった時・失敗しまった時に
「それでも、あなたのことが大切だよ」と親の愛情は変わらない事を伝える。

大きくなってからも…
課題に直面した時に支え
難しいことに立ち向かうときは励まして
努力した過程や成功を認めたり
子どもを信じて、信頼していることを伝える。

色んな方法で「温かさ」を与えることができます。
セーブ・ザ・チルドレンが提示しているのはこちら。

  • 安心感を伝える
  • 無条件の愛を伝える
  • 言葉や行動による愛情表現をする
  • 子どもの発達段階に対する配慮をする
  • 子どもの欲求に気づく敏感さをもつ
  • 子どもの気持ちに対して共感する

子どもにとっては毎朝ママが「おはよう!」と笑顔で言ってくれることや
転んだ時に「大丈夫?」と声をかけてくれること
ママが当たり前にやっている事の一つ一つが「温かさ」として伝わっているはずです。

人が一番学べる瞬間は「温かさ」を感じているとき。
子どもに「温かさ」を与えて、子育てプランを達成するための基盤を作りましょう!

▶︎次のページは原則2「枠組みを示す」を解説!

続きを読む
1 / 2

Lina

48,004 views

プチプラと時短が大好き♡ 元幼児教育講師、現役保育士。 4歳のお兄と、2歳の二卵性三つ子の妹たちの4児母。 休日の楽しみは、子連れお出かけ! ストレスフリー...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA