双子だらけの学校がある?

こんにちは、chakiです。
私は双子を妊娠時、2ヶ月近く切迫早産で入院していました。その時に、同室の双子プレママさんから
双子が優先して入学できるところがあるのよ〜」
「しかも!東大附属!
と聞きました。そんなまさか〜!と思って調べてみたら本当にありました!どうやら本当に双子ちゃんが多いらしいんです。

東京大学教育学部附属中等教育学校

場所は東京都中野区!
中高一貫校である東京大学教育学部附属中等教育学校です。
学校HPによると、研究活動のひとつに
・「双生児研究の拠点づくり
と記載されています。双生児を生徒として入学させて「双生児研究」をすすめているようです。

双生児研究とは?

東京大学附属中等教育学校では、伝統的に「双子の研究」を積み重ねています。
烏田勝信さんの「コメントの部屋」というページに研究結果が少し載っていましたのでご紹介します。

  • 第1子と第2子の差をみてみると、出生時の体重が一番大きい。しかし、年齢が増加するにつれてだんだんとその値は小さくなっている。
  • 各年齢時とも身長は体重より差が小さいが、傾向は体重と同じである。
  • 12歳時の入学試験Ⅰ(主として数学と国語)は負の大きい値を示している。つまり、第2子の方が第1子より得点が高いということである。
  • 今度は逆に12歳時で知的能力について顕著な差(2標準偏差以上)のあるペアについて、第1子と第2子を比較してみると、それぞれの項目において第2子が優位である組数の方が多い。
  • 体格についてのペア間の差をみると、いずれの年齢でも身長の対差の方が体重より小さく、身長の方がより遺伝的規定が強い。年齢が長ずるに従い、遺伝規定が強くなることも興味深い。
  • 双生児の第1子と第2子について体格や知的能力を比較した結果、出生時障害の多い第2子が第1子に決して劣っていないこと、十分に挽回可能であることが示された。

双子を育てる母親としてはなるほど〜と思う反面、本当かなあ?と感じるものも。ですが、双子の関係性や知能的な部分がパターン化されることは面白く興味が湧きますよね。

我が子たちも東大に?

子育てをするママなら一度は「我が子は東大生になるかも?」なんていう妄想を抱いたことはありませんか。
私自身、子どもには勉強でなくても、好きなことをどんどんやらせてあげたいな、とは思っています。
そんな中でも「子どもたちが東大に行ったら」とぼんやり考えてしまう出来事でした。
※東大附属なので、東大に必ずしも行くかはわからないですね。
気になる方は下記URLをチェックしてみてください。
東京大学教育学部附属中等教育学校 公式サイト
コメントの部屋 双子の研究から

chaki

2歳1歳1歳の年子双子のハハ 妊娠5ヶ月の時に双子会を立ち上げました 食べることと音楽、楽器が好きな サブカル寄りの20代です

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA