多嚢胞性卵巣症候群からの双子妊娠【妊娠出産体験談】第二回

男女のDDツインを出産したemiko.です。
多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠出産体験談 第二回です。

第一回はこちら

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)からの双子妊娠 男女のDDツインを出産したemiko.です。 私の双子の妊娠は自然妊娠ではありませんでした。 少しでもお役に立てればと思い、体験談を書かせていただきます! 少し長いので、まずは妊娠するま[…]

翌日にまさかの双子発覚!

まず、希望した産院ですが隣の市の総合病院を選択しました。
この病院は分娩予約がとても取りにくいので、月初めの明日すぐにでも行ってほしい、と言われていました。
(たまたま心拍確認できたのが4月30日!今思うとすごいタイミングです)
はじめは主人の希望でこの病院に決めたんですけど、結果としては総合周産期母子医療センター(MFICU+NICU+GCU)があって双子妊娠だった私にとっては正解でした◎
(この段階では単胎妊娠の診断でした)

次の日、朝一で母子手帳を発行してもらい病院へ向かいました。
前日に内診したとはいえドキドキ。
先生がカーテンの向こう側でエコーをしながら少し気まずそうな声で
「前回のエコーはいつ?」と。
「昨日です」
(この時の先生の声のトーンや雰囲気からもしかしたら心臓止まっちゃったのかな?と思いました)
「エコーの画面見てね?これが赤ちゃんのいる袋ね、これと反対側にもう1つあって」
「はい」
「双子ちゃんだね」
「・・・え?そうなんですか?」
まさかの発言に驚き!

昨日、前の病院でエコーしたばっかりだったのでまさかと思い頭の中は大混乱!
1日で双子に?(この担当してくれたK先生、後に他の先生から言われたんですけどエコーが1番といっていいほど上手な先生らしくて、単胎の紹介状なのに双子をすぐに見つけれたのもこの先生だったからなのかな~?と思いました)

*実際のエコーの写真です
4月30日

5月1日

エコーを見ても本当に双子なのか?と不思議に思いながらも帰りに母子手帳をもう1冊貰いに。

妊娠前期

双子妊娠のつわり

双子妊娠のつわりはひどい

そんな噂聞いたことありませんか?
私の場合はひどかった人の話を聞くとつわりは軽い方だったんじゃないかと思います。
(吐くことに恐怖感がありすぎてトイレに籠りながらもずっと吐かないように我慢していました 汗)

  • 下着の締め付け、ボトムスでさえ締め付けに感じて気持ち悪くなる
    (私の場合つわりが始まったころから妊娠中はずっと服の締め付けに敏感でとても服に困りました)
  • だんだんと胃がむかむかする時間が増えていく
  • ある日のレンジで温めた魚のにおいで吐き気
    (この時から魚のにおいに敏感になりしばらく調理できませんでした)
  • 夜に疲れが出やすいせいか気持ち悪くて寝たきりになることが多い
  • ・ずっと胃腸風邪のような症状でゼリーと春雨スープしか受け付けない
    (私の場合春雨スープもかきたまなどあっさり系は気持ち悪く担々麺やチゲの味ばかり食べていました)

    こちらが私の経験した一例です。

先生にも言われたのが「食べれないときは無理してバランスなど考えて食べなくても、この時の赤ちゃんは必要なものだけママからもらってるから大丈夫」という言葉。
とても心が楽になり、辛いときは本当に3食ゼリーの日もたくさんありました。

双子妊娠中の外出

よく近場の旅行など安定期といわれる5ヶ月あたりから行く方も多いですよね!
しかし多胎妊娠に安定期はない!とも言います。
私が双子妊娠を経験して思ったこと検診が順調ならばおなかが大きくなってくる前にいろんな所へ出かけておこう!
私自身、143㎝という低身長なため初期のころからとても心配していました。
しかしいくら双子でもまだまだ小さいので前半はマイナートラブルも少なく先生からも動けるのは今のうちだからね~と言われていたのでつわりがおさまってからは妊娠前とほぼ変わらない生活をして積極的に出かけたりもしました!

妊娠中期

妊娠5ヶ月あたりからどんどんとマイナートラブルが増えてきました。
ちょうど真夏でクーラーの部屋にいることも多かったのでもしかしたら原因の1つかもしれません。
私の場合ビックリするほど胎児は順調でした。

  • 妊娠発覚当初から張っていた胸の影響か乳輪が痒くただれてしまった
    (検診では胸を見ないことも多いので遠慮なく先生に見せる!塗薬を処方してもらえました。)
  • 足のむくみは冗談抜きでゾウさん並み!
    (朝出かける前に履いた靴がきつくて帰るころにはパンパンで痛くて脱ぐと跡がつくほど)
  • 頻尿になり夜も2回ほど起きるように
  • 足がつる
    (特に朝一、目が覚めた時に自然と体を伸ばしてしまうので毎日つっていました)

ここでひとつ失敗談を!
むくみがひどかったので妊娠前から使っていた着圧ソックスを試しに履いて寝てみようと思い、試しに寝ているとむくみがひどいのに履いたせいか血流が止まったかの症状になって息ができなくなり飛び起きた覚えがあります(笑)

双子妊娠中のおなか

おなかが出始めたのも少し早いように感じましたが、
6ヶ月頃:全体的に丸っこく妊婦らしいおなかに
7,8ヶ月頃:どんどん前に出ていき単胎妊婦さんの臨月くらいになりました
おなかが大きくなってきて寝返りのたびに起きたり、仰向けにもなれなくなっていきます。

妊娠後期

分娩方法の決定

私たち夫婦は妊娠が確定した当初から《立ち会い出産》を強く希望していました。
しかし、双子の妊娠というまさかのことがあり〈立ち会い出産=自然分娩は可能なのか〉という疑問と不安がでてきました。
双子の妊娠だとわかった時点で、私たち夫婦が立ち会い出産を希望していることをk先生に伝えると「帝王切開では立ち会えない=下から産むことになる。下から産むことは可能だけど胎児側、特にあなたは母体側の条件も厳しいから頑張ってね」と言われました。
妊娠5ヶ月の時に1ヶ月の体重の増加が大きく自然分娩希望なら、とk先生から言われた条件

  • 1番ちゃん(先に出てくる子)が頭が下なこと
  • 2人の胎児の体重差がないこと
  • 体重の増加は胎児の体重ほどしかできない
  • 高血圧症など母体側の問題がないこと

これは病院やママ、胎児の状況によって違うと思うので必ずしも、これだけが絶対ではないと思います。
特にママの体重増加に関しては私の身長が143cmだったことが理由だと思います。
何度も検診のたびに先生と話した結果、私のわがままを優先するよりも2人が少しでも無事に産まれてくることを考えて帝王切開で産む決意をしました。
帝王切開にしたことで、出産予定日が12月13日→11月24日(37w2d)になりました。

多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠出産体験談 第三回は後日更新予定です!

▼他の多嚢胞性卵巣症候群からの多胎妊娠体験記はこちら

あわせて読みたい

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)からの三つ子妊娠発覚〜シロッカー手術 筆者が三つ子を妊娠した時、上の子はまだ2歳になったばかりでした。 自分史上最高の体調の悪さを体験、人生初の手術(シロッカー手術と帝王切開)、長期入院etc... […]

>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア