12月13日も「双子の日」 双子の記念日カレンダー

牛乳パックで縦横無尽に動く足蹴り車を作ろう!

子どもが大好きな、乗って遊べる車のおもちゃ🚗
好きなキャラクターの車がない
同じ物がなくて取り合いになる
人数分買うのはお金が厳しい〜

そんなとき、牛乳パック工作で、おもちゃの車を作ってみませんか(*’ω’*)??
作り方はとっても簡単です。

あらすじ

牛乳パックで作る乗って遊べる大型おもちゃ【材料】

1台あたりの材料は下記の通りです。

  • 牛乳パック 17本
  • 新聞紙 適量
  • 角形花台 2つ(ダイソーで1つ216円)
  • フェルト
  • テープ(固定用)
  • ボンド、縫い糸等

牛乳パックで作る乗って遊べる大型おもちゃ【作り方】

  1. 新聞紙を牛乳パックに詰める
    新聞紙をくしゃくしゃにして、牛乳パックに詰めます。
    お子さんに手伝ってもらうのもいいですね( ^ω^ )
    できるだけいっぱい詰めた方が、しっかりします。
    詰めたら、口をしっかりテープで留めます。
    角柱を15本、三角柱を2本作ります。
    三角柱は、押しつぶして三角にするため、中に詰める新聞紙は少なめにした方が作りやすいです。
  2. 牛乳パックを組み立てる
    15本の角柱と2本の三角柱を、写真のように組み立て、テープでがっちり固定します。
    はずれないように、ぐるぐるとテープを巻きつけていきます。
  3. 花台を付ける
    角形の花台を下に付けます。こちらも取れないように、テープでぐるぐる巻きにしてとめます。
  4. フェルトでカバーを作る
    キャラクターの色のフェルトを用意し、車の形に合わせてカバーを作ります。手縫いでも、ミシンでも、どちらでも作りやすい方でOKです。
    フェルトなので、すこしゆるみも出ますので、大まかに作っても大丈夫です。
    フェルトカバーをかぶせれば、出来上がりです。

牛乳パックで作る乗って遊べる大型おもちゃ【遊び方】

普通の車と違い、360度くるくると回転できます。

今回はアンパンマンとばいきんまんでしたが、わんわんやうーたん、三角柱を使わず、頭の上に一本角柱を立てるとトーマスなど、アレンジも可能です!!
ぜひ作ってみてください。
※お座りがしっかりでき、足漕ぎが出来る子が対象です。

シェアで応援!よろしくお願いします
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5歳の双子、2歳の女の子、0歳の女の子の4人の母です。
子どもたちが喜ぶ物を作ったり、一緒に遊べるものを考えたり、企画することが好きです。
主にインスタグラムを通して、多くの双子仲間と出会ってきました。
多胎育児での苦労や、多胎育児ならではの楽しみを、多胎育児中、妊娠中の方たちだけではなく、多くの方に多胎育児の情報を発信、共有したいと思っています。

コメント

コメントする

あらすじ