双子育児中で大変。だけど、そろそろ次の子も…

毎日、怒涛のようにすぎていく日々中で、こんな事を思った事はありませんか?
そろそろ次の子も欲しいなぁ…
だけど、頭によぎる不安の数々。
そんな方も、多胎ママの中にはいらっしゃるかと思います。
私もその一人でした。
今回は、あくまで私の体験談ですが、同じように悩んでいる方、もしくは、現在多胎育児中での妊娠中の方への参考になればと思い、お話しさせて頂きます。

○妊娠した時の気持ち
○妊娠初期の日常
○妊娠中期の日常
○妊娠後期の日常
○3人の母親になって

妊娠した時の気持ち

妊娠した時はもちろん嬉しかったし、とても楽しみで、わくわくドキドキしていました。
それと同時に襲ってきたのが"不安"です。
まだ1歳半の双子育児で大変なのにどうすればいいの?
休む暇なんてないのに、身体は休めるの?
甘えたい盛りなのに、抱っことかあまりできなくなるの?
この子達は、今お兄ちゃん・お姉ちゃんになりたくないんじゃないかな…
挙げだすとキリがありませんでした。
何度も何度も頭の中に不安な事がぐるぐる回っていましたが、産婦人科に行って、心拍確認が出来た時、妊娠しているのに、ましてや初期にもかかわらず、普段と同じように怒涛の毎日を過ごしている私の身体の中で、しっかりと頑張って生きている、赤ちゃんを初めて見て、「この子を双子育児しながらでもしっかり育てよう。」と改めて決心させてくれました。

妊娠初期の日常

ここでは妊娠初期に身体に起こった変化と大変だった事どのように過ごしたのかをまとめました。

妊娠初期症状

妊娠したらまず悪阻が辛いですよね。
私の場合は、双子の時同様、吐くまではいかない吐き気、胸焼け、眠気、怠さ、貧血でした。
これは、本当に申し訳ないと今でも思うのですが、休める暇を見つければ、双子にはおもちゃで遊んでもらい、好きなDVDを流しっぱなしにして、私は横になって休んでました。

悪阻中の家事

一番の苦痛は三食のご飯です。
やはり、匂いが吐き気を襲います。
ですが、自分は良くても子供が食べないわけにはいきません。
これも悪阻の時だけだと割り切りました。
妊娠前よりは1品、時には2品減ったのも事実です。
シチューやカレー、スープ、煮物類、など、野菜をたくさん入れれるメニューにしたり、日持ちするような物を作っていました。
掃除に関しては、2、3日掃除機しなくても死にはせん!っとかなり開き直っていました。
洗濯はさすがに1日でかなり溜まってしまうので、毎日頑張ってしていました。
我が家の旦那さんは、帰りは日付けが回ってから帰ることばかりで、いわゆる、ワンオペというものなのですが、私がしんどすぎて出来なかったとき、洗濯物が畳んでない、食器洗いが出来てなくて、残したまま寝てしまってるということがあったのですが、私が起きたらやってくれていました。
やはり、どうしてもっと言う時は、家族の手を借りることは大事だと思います。

妊娠中期の日常

悪阻もおさまり、双子にはなかった「安定期」
思い描いていた、ゆったり穏やかな安定期とは全く違いました。
正直、ダブル抱っこはもちろん、走り回る双子を走って追いかける。
そして、相手は2歳前の双子。イヤイヤ期真っ盛り。そして妊娠中のホルモンバランスの乱れで、イヤイヤ期の2人の対応でイライラ。寝顔を見て何度謝ったことか…
ですが、双子妊娠中の時とは違い、健康上の問題も何もく体は身軽でしたから、家族で遊びに出かけたり、旅行に行ったり、フォトウェディングを撮ったり…色々と思い出づくりができました。双子妊娠中の時は引きこもっていた方が多かったので、なんやかんやで楽しく過ごせていました♪

妊娠後期の日常

この頃になればお腹も出ているので、動き回る双子を追いかけるのがかなり大変でした。
双子ベビーカーを押すのがかなり辛かったです。
後は、双子がトイトレ中で、停滞期で全然進んでなかったこともありましたが、お腹が出てて、トイレに抱っこして座らせるのも、1人でもトイトレ中だと何回もトイレに連れて行くのに、それが2倍となると、かなり億劫で、トイトレは産まれてからという事で、諦めました。
そして、後期に多い、張りや、前駆陣痛。
前駆陣痛がひどかったので、妊娠初期同様、双子には申し訳ないけど、遊んでてもらい、横になっていました。
私は、双子も自然分娩で産んでいるので、いつ本陣痛が来て、分娩になってもいいように、実家は近いのですが、子供達をすぐ見てもらえるように実家に帰っていました。
預かってもらえない方は、保育所の一時保育やベビーシッターなど、妊娠したらすぐに確認して抑えておいた方がいいです!地域によって制度も違うと思うので、これは絶対調べた方がいいです。妊娠中はいつ何が起きるかわからないので。

3人の母親になって

最後に、これだけは絶対に言えます。
3人目を産んで本当に良かった。
妊娠中はもちろん、生まれた今だって、双子にはかなり我慢させています。
何回も辛くて泣きました。
でも、まだたった2歳でお兄ちゃん・お姉ちゃんになった2人は、小さいなりにもお世話しようとしたり、ママのお手伝いしようとしたり、頑張ってくれているし、なによりも、「妹ちゃん大好き〜!」と言ってくれて、本当に嬉しいです。
だから、次の子を考えて悩まれているママさんがいらっしゃれば、私は是非産んで欲しいなぁと思います。
それに、上の子とはまた違う可愛さで本当に癒されますよ(^^)
簡単な文章にはなりましたが、少しでも参考になれば幸いです。

arisa

3歳の男の子と女の子の双子・0歳の女の子のmamaです♡ わんぱく兄妹の育児奮闘中。 ゆるーく、無理しすぎない!ずぼらmamaです(^^) 元美容師✂︎

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA