アイクレオ液体ミルク【多胎限定】格安!支援はじまる

江崎グリコ(株)×日本多胎育児協会による多胎育児支援として、乳児用液体ミルク「アイクレオ赤ちゃんミルク」の多胎育児家庭専門価格での販売がスタートしました。

気になる価格や、入手の方法をご紹介します。

ズバリ!どれくらい安いの!?

今回の支援価格では、「アイクレオ赤ちゃんミルク125mlパック」×48本を4800円(税込・送料込)で購入できます。

同商品は Amazonで購入すると 9298円※。半額近くお得!

【比較】単価・内容量・賞味期限は?

現在、国内で液体ミルクを販売している「アイクレオ赤ちゃんミルク」と「明治ほほえみらくらくミルク」の2つを比較してみました。

アイクレオ
多胎育児支援価格
明治ほほえみ
Amazon 24本入り※
1本単価1本125ml
100円
1本240ml
210円
内容量
1本あたり
125ml240ml
100ml単価80円87円
販売形状紙パックタイプ缶タイプ
賞味期限
製造日〜
6ヶ月1年
オプション商品

※2020/7/16時点のAmazon価格を参照しています

缶 or 紙パック

紙パックか、缶かで、使用するときの手間も異なります。

缶タイプ


ほほえみは缶タイプ。
哺乳瓶に注ぎやすく、持ち運び時にも丈夫で壊れにくいスチール缶ですが、重くて捨てづらいのが難点。
また、保管の間、注ぎ口が外気にさらされるので、衛生的に気になる方もいらっしゃるかもしれません。
専用アタッチメントをつけると、哺乳瓶に入れ替えずに、缶と母乳実感の乳首をつなげて使うことができます。

紙タイプ


今回支援価格で販売されるアイクレオは紙パックタイプ。
ストローを刺して注ぐので、缶に比べて注ぐ手間はかかりますが、衛生的には受け入れられやすいかもしれませんね!
小さく畳んでゴミの処理・持ち運びもラクそうです。
別売の専用乳首を使用すれば、哺乳瓶に入れ替えずにダイレクトに授乳できます。

内容量を加味しても
支援価格がお買い得!

目が点

内容量が違うので、一概にお得とは言えないのでは?

今回の多胎育児支援価格であれば、内容量を加味してもお得!

液体ミルクは飲む時に開封し、飲み残しは捨てなければなりません。
仮に双子それぞれの1回量が160mlで、同じタイミングで飲む時。
アイクレオだと3本開封しなければならず、ほほえみだと2缶で足ります。
通常価格であれば、コスパの面ではほほえみに軍配があがりますが、今回の特別価格を加味すればアイクレオ3本=300円。ほほえみ2缶=420円で、いかにお得か実感できますね!

支援価格での入手方法は?

NPO法人つなげるが全国の申込窓口となっています。

支援価格で購入するには「NPO法人つなげる」にて多胎育児をしているという承認が必要
支援価格で購入するには「NPO法人つなげる」にて多胎育児をしているという承認が必要

NPO法人つなげるの公式LINEに登録後、多胎児家庭と確認された上で購入申込が可能です。
具体的な支援内容の詳細は「NPO法人つなげる」ホームページをご覧下さい。

また、NPO法人つなげる以外にも…

  • しずおか多胎ネット
  • あいち多胎ネット
  • ぎふ多胎ネット
  • いしかわ多胎ネット
  • ひょうご多胎ネット
  • ツインズクラブ久留米

上記サークルと関わりのある方は各団体でも受付を行っているそうです。
各団体の申込方法一覧はこちら

実施期間

2020年7月15日から1年間

おまけ:粉ミルクとどっちが安い?

言うまでもなく…圧倒的に粉ミルクの方が安いです!
とはいえ…

  • 夜間の調乳のわずらわしさ
  • 外出先での調乳のために、お湯を魔法瓶にいれて、何本も持ち歩く
  • 災害時に調乳につかえる水・お湯がないとき など

液体ミルクだからこそ助かることはたくさんあるので、日常的に使用しないとしても用意しておくと安心ですね。

アイクレオ多胎育児支援価格で液体ミルクを販売開始
最新情報をチェックしよう!
>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア