12月13日も「双子の日」 双子の記念日カレンダー

【京都府】京都市交通局 二人乗りベビーカーの対応状況について

路線バスにおける二人乗りベビーカーの対応について、京都府で路線本数の多い京都市交通局様(以下、敬称略)に質問させていただきました。 ※2022年11月調べ

あらすじ

【京都市交通局 市営バス】二人乗りベビーカーの対応状況について

Q 乗車は可能でしょうか

二人乗りベビーカーについて現在乗車は可能でしょうか
(乗車が出来ない場合は理由を教えていただけますでしょうか)

折りたたまずご乗車いただくことを基本としております。

Q 乗車・降車のルールは?

乗車や降車の際のルールなどあれば教えてください
(詳細について御社HPの該当URLなどあれば教えていただけないでしょうか)

京都市交通局ホームページ「市バスの乗り方」に一部記載がございます。その他、以下についてご協力願います。

  • ベビーカーのストッパーを掛けていただく
  • ベビーカーは、進行方向に対し後ろ向きに置いていただく
  • ベビーカーのシートベルトを装着していただく
  • 肘掛に備えてある補助ベルトでベビーカーを固定していただく
  • 走行中はしっかりと支えていただく
  • バスが完全に停車するまでベルトを解除しないようにする

Q 乗降車時に補助はありますか?

乗車や降車の際の運転手の方からの補助はありますか

お手伝いが必要な場合はお声掛けください。

Q どの停留所からでも乗車できますか?

利用者は、どの停留所からでも乗車できますか

すべての停留所よりご利用いただけます。

Q ベビーカーを畳む必要はありますか?

二人乗りベビーカーを車内で畳む必要はありますか
また必要がある時はどのようなシーンでしょうか

ベビーカーを折りたたむ必要はございません。
ただし、車内が混雑し、ベビーカーを折りたたまずご乗車いただくことが困難な時や、ベビーカーが乗車扉より大きい時は、折りたたんでいただく必要がございます。

Q 車椅子やベビーカーの方が乗車済の場合は?

すでに車椅子やベビーカーの方が乗車済の場合はどのような対応となるのでしょうか

本市市バスには、車椅子またはベビーカーをご利用いただけるスペースが1か所のバスと2か所のバスがございます。スペースが1か所のバスで、すでにご利用のお客様がいらっしゃる場合は、次のバスをご利用いただくようお願いしております。

Q 事前に連絡や予約は必要ですか?

事前に連絡や予約は必要でしょうか

事前のご連絡等は不要です。

Q バス停のどのあたりで待っていればよいですか?

利用者は、バス停のどのあたりで待っていればよいですか

通常のお客様と同様に、バス停でお並びになってお待ちください。
停留所の立地上、整列乗車が困難な際、またはお手伝いが必要な場合は、降車扉(前扉)から運転士にお声掛けください。

Q 利用時の注意点はありますか?

利用時の注意点はありますか

ワンマン運行のため、お手伝いが必要な状況に気付かない場合も想定されます。
補助をご希望のお客様は、必ず運転士にお声掛けください。

Q その他、事前に知っておいたほうが良いことなど

そのほか気を付けることや事前に知っておいたほうがいいことなどあれば教えていただけますか

特にございません。

Q 低床のバスと旧来の高さのあるバスの保留割合は?

低床のノンステップバスやワンステップバスと旧来の高さのあるバスの現状の保留割合について教えていただけますか

すべてのバスは、ノンステップまたはワンステップのバリアフリー対応となっております。

ご回答いただき、ありがとうございました

京都市交通局様、質問にご回答いただきありがとうございました!
こちらの回答は2022年11月に頂いた内容となりますので、乗車をご検討の際はぜひ公式ホームページをご確認の上、ご乗車をお願いします。

https://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/

京都市交通局

私たち利用者にできること

多胎家庭が主に使用する二人乗りベビーカーは大型なためどうしても場所を取ってしまったり、乗り降りに時間もかかります。利用する側でも事前に情報を調べるなど、スムーズな運行と多くの人が快適に利用できるようご協力をお願いできればと思います。

シェアで応援!よろしくお願いします
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2019年12月に双子の男の子を出産しました。
私の住む地域では多胎支援事業自体が少なく、地域によっては何もないという状況でした。多胎支援活動経験を生かした記事作成をメインに考えています。
また多胎家庭がどんなことに困ったりつまづいているのか、少しでも多くの方に知ってもらえるような活動をしていきたいと考えています。

コメント

コメントする

あらすじ