お母さんにお勧め宇多田ヒカル

全ママに伝えたい!宇多田ヒカルの楽曲ベスト3

本日、1月19日は宇多田ヒカルさん(以下、敬称略)のお誕生日。

それにあやかり、宇多田ヒカルファンの三つ子ママが「ママにこそオススメしたい!宇多田ヒカルの楽曲ベスト3」をご紹介します。

だまされたと思って聞いてみてください…

ママとしての自己肯定感があがったり
共感必須のオシャレな楽曲に心を動かされるはず…!!

ママにオススメしたい宇多田ヒカル
#1「道」

ママの自己肯定感があがる一曲としてオススメしたいのが「道」です。

サントリー天然水のCM楽曲にも起用

この曲は宇多田ヒカルが、自身のお母様を自死で亡くされた後に、お母様を思って作られた楽曲。

この説明だけ聞くと「悲しみ」「死」のようなネガティブorしんみりしたイメージを持たれるかもしれませんが、実際にはとてもアップテンポで、内容も母(母の死も含めたその存在)を受け入れて前に進むような気持ちが歌われているのです!

たーくん

今回のベスト3のうち2曲は、お母様の死後〝人間活動〟と題して活動休止後、はじめてリリースされたアルバム「Fantôme」から抜擢!

迷ったら立ち止まる
そして問う
あなたなら
こんな時どうする

ママ自身もたくさん悩んだり壁にぶつかることありますよね。

特に育児や、家族とその周辺の人間関係は正解がないことばかりで…解決できず、悩みを抱えたまま過ごすことも多いと思います。

困ったいっくん

仕事と違って、リードしてくれる上司もいない。ワンオペなんて、本当に1人で悩んで堂々巡りになってしまうこともしばしば…

そんなモヤモヤしてしまう日々を、乗り越えたい時に思い出すフレーズです。

「私はどうすればいいんだろう」と考えていたのを

「我が子が大人になって、同じ問題に直面したら、どんな選択をして欲しいか」と考えてみると、とてもシンプルに『人間として善いこと』を選択できる気がしています。

それでなくても、我が子たちに〝困難にぶつかった時の対処の仕方〟の一例を見せられるチャンスだ!と、逆境に対し、前向きになれるフレーズではないでしょうか?

このフレーズ以外にも、子から見た母への絶対的な存在感が歌われていて、母としての自分自身を肯定してもらっているように感じられる一曲です!

ママにオススメしたい宇多田ヒカルの曲
#2 「二時間だけのバカンス feat. 椎名林檎」

2つ目のオススメは、同じアルバム(Fantôme)に収録されている「二時間だけのバカンス」です。

椎名林檎さんとの歌唱力×世界感コラボもたまらないのですが、歌詞も「ママが共感必須!」の内容でとってもオススメです!

クローゼットの奥で眠るドレス
履かれる日を待つハイヒール
物語の脇役になってだいぶ月日がたつ

語るように歌われる冒頭フレーズ。

実際に自宅で眠っているドレスや、妊娠期から全く日の目を見ていないハイヒールが脳裏によみがえってきました。

「物語の脇役」という表現にも、とても共感!
ママになると、しばらくの間は子ども中心の生活になってしまい、自分のことは後回しに。
自分より大切にしたいと思える存在に、幸せを感じる一方で、他でもない「自分自身」をないがしろにしてしまっているような切ない気持ちになったことがあるのは私だけではないのでは…?

この冒頭フレーズから、タイトルの通り「二時間だけのバカンス」を楽しもうよ!といった内容で曲は続きます。

まーちゃん

コロナが終息したら、ママ友とカラオケで歌いたい!

ママにオススメしたい宇多田ヒカルの曲
#3 「あなた」


こちらは、ママから→子どもへに向けた歌詞がつづられている楽曲。
全文抜擢したいくらいなのですが、母から子への絶対普遍の愛が歌われていて、とても共感できます。

肌のにおいが
変わってしまうよ

新生児特有のあの香りはいつなくなったのやら…

晴れ渡る夜空の光が震えるほど
まぶしいのはあなた
なんと言われようと
あなたの行く末を
案じてやまない

母の子を思う気持ちがド・ストレートに表現されていてとても気持ちよいですね!

実際には「案じてやまない」のが本音でも、時には、自信を持ってほしいからこそ「心配してないよ」なんて声をかける場面もあるかもしれません。
それも含めた、母の愛を本音で歌った一曲です。

他にもオススメ

「初恋」

初恋なんて何年、いや、何十年前?な筆者。
初恋に涙するような年齢でもないですが、そんな私が聞いても胸が切なくなるようなメロディーで、心揺さぶられます!

「花のち晴れ~花男 Next Season~」の主題歌にも。

「time will tell」

2ndシングルの「time will tell」(=時間が経てばわかる)

雨だって
雲の上へ飛び出せば
Always blue sky

よく「雨の後には虹がかかる」といった歌詞がありますが、この曲では飛行機に乗っているような情景が描かれています。

この曲を発表した時、宇多田ヒカル17歳…。天才過ぎますね…。

…筆者の、オタク感がでてきたような?

「花束を君に」


朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌としても採用された曲。

こちらもお母様のことを思って歌われた歌ですが、死後のお母様へのラブレターのような内容で、心が震えます。

世界中が雨の日も
君の笑顔が僕の太陽だったよ
今は伝わらなくても
真実には変わりないさ
抱きしめてよ たった一度 さよならの前に

まとめ

紹介したのは、あくまで一個人の解釈に過ぎません。
筆者自身が宇多田ヒカルのファンであり、贔屓目もあるとは思いますが、ママ業に追われる日々や、育児で悩んだ時に、いつも勇気づけられている歌であり、ぜひ「ママに聞いて欲しい!」と感じている楽曲です!

紹介した宇多田ヒカルの楽曲は、Amazonミュージックでも聞くことができますよ♩
Alexaや、Amazon Echoを使用している方は気軽に聞いてみて下さいね!
Amazon Music Unlimitedの詳細はこちら

お母さんにお勧め宇多田ヒカル
最新情報をチェックしよう!
>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア