月齢別!双子の混合栄養の移り変わり【体験談】

多胎育児の場合、混合育児(母乳+ミルク)をされてるママさんが多いのではないでしょうか?
私自身、母乳がよく出る体質で上の息子は完全母乳でしたが、双子の妹たちは生後10ヶ月頃まで母乳とミルクの混合育児でした。
おっぱい・ミルクの回数や成長に伴う変化など、私の体験をお伝えしていきたいと思います。多胎ママさんはもちろん、単胎ママさんにも参考になれば嬉しいです。

生後0ヶ月~1ヶ月

我が家の双子は、誕生直後〜生後1ヶ月を迎えるまで、NICUに入院していました。
NICUでは、毎日届ける冷凍母乳とミルクを交互に与えてくださっていました。冷凍母乳のみを与えてもらうこともできますが、私は80cc(1回に哺乳瓶に作る量)×8回分(1日の授乳回数)×2人分の量が出ませんでした。

生後1ヶ月頃~3ヶ月頃

晴れてNICUを退院し、お家に帰ってきた双子たち。家庭での育児が始まりました。
最初は母乳とミルクを時間ごとに交互に与えるやり方をとっていました。
しかし、母乳だけではなかなか双子が寝てくれず、「母乳が足りていないんじゃ…?」と不安になり、母乳+ミルクで与える時間が増えていきました

▼だいたいのスケジュールはこちら

7時 母乳
10時 ミルク
13時 母乳+ミルク
16時 ミルク
19時 母乳
22時 ミルク
1時 母乳+ミルク
4時 母乳+ミルク

家事をしたい午後と夜間は、とにかく少しでも早く・長く眠って欲しくて、母乳とミルクを両方与えることが多かったです。

「母乳が足りているのか?」不安に…

深夜は母乳だけで寝付けば母乳のみでしたが、愚図ってなかなか寝ないことの方が多く「やっぱり母乳が足りていないんじゃ…?!」と、ミルクを足していました。
ミルクは粉ミルクの缶に書いてある量を作って与えていました。母乳の後でもミルクをほとんど完飲していたので「やっぱり母乳が足りていない!!!」と不安が確信に変わっていきました。
さらに、日中も授乳時間が3時間空いていなくても、泣いたらおっぱいをあげることが多かったです。
とにかく睡眠不足で、とにかく双子に寝て欲しかったのです…。

生後4ヶ月頃~5ヶ月頃

NICUを退院したときは小さくて細かった双子たちは、急成長を遂げてプクプクと大きくなりました。
私の住んでいる市町村では生後4ヶ月健診があるのですが、そのときに小児科の先生から「体重は増えすぎなくらい。母乳が全く足りていないということはないと思うから、母乳+ミルクはしなくていいかも…」と指導を受けました。
そこで、母乳とミルクは分けて与えることにしました。

8時 母乳
11時 ミルク
14時 母乳
17時 ミルク
20時 ミルク+母乳(寝かしつけのために)
1時 母乳
4時 母乳

だいたいこんな感じです。

就寝前(20時)はミルクにすると長い時間寝続けてくれることが多かったです。(6時間寝続けてくれた時もありました!)
ミルクを飲んでも寝なかったときは、寝かし付けために母乳も飲ませていました。
夜中は「起きてミルクを作る→飲ませる→哺乳瓶を洗う」…のが辛くなってきて、母乳メインにしました。夕方からおっぱいを休憩させることで、夜中にも母乳がしっかりと出ているような感覚がありました。

▶︎次のページは「生後6ヶ月頃~9ヶ月頃」

mikingyo

237 views

3歳の男の子と1歳の双子の女の子、3児の母。 双子は35週で自然分娩。 現在は、こども園で働くワーキングマザーです。

プロフィール

関連記事一覧