サイトデザイン変更中につき、一部見づらいページがあります。

みんなの感染症対策

読者アンケート!みんなの感染症対策

これからの季節、多胎ママたちの頭を悩ませるのが子どもの感染症。
ただでさえ毎日てんやわんやなのに、+看病。もしくは自分も体調不良に…想像しただけでげんなりしてしまいますね。

今回多胎マムではSNSを利用し、多胎児の離乳食に関する経験談を調査!
予告ナシ、24時間の限定公開でしたが述べ40人もの多胎児ママたちからアドバイスをお寄せ頂きました!
ご協力頂いたみなさま、本当にありがとうございました!

大方、諦めモードでした笑

  • 諦めも肝心
  • なったら、なった。かまわず一緒の部屋で過ごさせる。
  • 隔離は無理。諦めも必要!
  • 何しても結果うつるから覚悟を決める
  • 対策できず、1人が風邪を引いたら必ず1人も引きます
  • 気をつけてるけど、順番に…
  • 諦めて看病に徹する
  • 対策しても必ずうつるから、むしろ同じタイミングで発症すれば、保育園休む時期も一緒
    一人がかかると兄弟間感染は避けられない!と腹をくくっている人が多数でした。
  • 家族みんなでノロは地獄絵図でした…。
    とはいえ、家族みんなで感染…は、想像に容易く地獄絵図ですね…。
    皆様からお寄せ頂いた対策も見てましょう!

手洗い・うがい

  • 月並みですが、手洗いうがいを徹底しています
  • 赤ちゃんの手をしっかりウェッティで拭く
  • 手拭きタオル、うがいコップを分ける
    基本の手洗いうがいが大事ですよね。

手洗いについては、小児科医監修記事でも「正しく洗う」ことが大切とアドバイスを頂いています。

正しい手洗い

小児科医が多胎ママに教えたい!感染対策のポイント 兄弟姉妹がいるご家庭だと、1人がどこかでもらってきた風邪をみんな順に発症なんてご経験あるのではないでしょうか? 体調を崩した子を隔離しようとしても、日本の住環境や看病できる大人の人数[…]

小児科医監修 感染症予防のポイント

隔離

  • 可能な限り、元気な方を実家に預かってもらった
    できれば親戚や頼れるご家庭に隔離できると、看病に専念でき、元気な子も安心して遊ばせられますね!
  • 家でもマスク、人混みに行かない
  • 大人はマスク&なるべく別行動
  • 子ども同士は間違いなく移ってしまうけど、親は早めに葛根湯を飲んでマスクして予防しています!
    大人が感染しない!も大事ですよね!
    看病は体力勝負なので、自己管理のできる大人は、マスクや手洗いうがいをしっかりして予防したいですね!
  • 動かないうちは、舐めたおもちゃは分ける。動くようになってからの隔離は諦める
  • タオルやカトラリーはしっかり分けています!でもおもちゃ気づけば同じものを舐めていて感染します
    動かない時や、タオルやカトラリーなど菌のつきやすい物だけでも分けられると良いですね◎

消毒・除菌

  • 園から帰ってきたら玄関で全部服を脱がせて着替えます!
  • 消毒スプレーを手だけじゃなく全身にもふりかける。足の裏にも
  • スプレータイプの除菌剤は玄関に置いて、服などもにもシュシュとしてから家に入る
    「ウイルスを家に入れない」玄関で消毒している方が多いようです。
  • 胃腸風邪の時はひたすら塩素消毒
    胃腸炎の場合は、アルコール消毒ではなく次亜塩素酸での消毒が有効です◎

具体的な商品名

食事や運動

  • 森永のカラダ強くするヨーグルト効きます!
  • L92を飲んでいます
  • ヤクルトはじめてみました
  • R-1
    体を強くする飲料やヨーグルトを、食生活に取り入れている方も◎
  • 身体を強くするためにスイミングを始めたら、劇的に変わりました!風邪を引いても少しで治ったり
    体を強くするための習い事もいいですね♩
  • お茶をたくさん飲ます
  • たっぷりの睡眠とビタミン摂取
    普段の食事も、ちょっぴり意識を高めに!

加湿

  • ウイルスは湿度に弱いのでとにかく加湿
  • マスクして寝かせたり、保湿して乾燥させない
  • 加湿器・空気清浄機を使う
  • あえての部屋干しで加湿
    ウイルス対策の加湿もとても大事ですね!
    部屋干しなら、今日からすぐにでもできそうです♩

まとめ

いざ感染したら「気合いと根性!」という人がほとんど!
大人だけでも、意識を高く感染しないように、また家に菌を持ち込まないように意識したいですね!

予防接種

任意の予防接種を受けた方がいいか、小児科専門医に聞いてみた! 今年もインフルエンザの予防接種の時期になりましたね! 任意接種の予防接種は経済的負担もあり、打つかどうか…と悩んでいる方も居るのではないでしょうか? 今回、多胎マムの医療監[…]

感染予防

小児科医が多胎ママに教えたい!感染対策のポイント 兄弟姉妹がいるご家庭だと、1人がどこかでもらってきた風邪をみんな順に発症なんてご経験あるのではないでしょうか? 体調を崩した子を隔離しようとしても、日本の住環境や看病できる大人の人数[…]

小児科医監修 感染症予防のポイント
>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア