サイトデザイン変更中につき、一部見づらいページがあります。

公園で双子が別々の方向に行く【お悩み相談】

2人別々の方向に行きます。
お出かけや公園など一人で行く時のアドバイスをお願いします。

多胎児が別々の方向に行ってしまうと
どっちについて行けば良いか
離れた場所にいる二人をどう見守れば良いのか…
困ってしまいますよね。
今回は現役保育士で、自身も多胎児のママであるLinaが公園での見守りのコツとポイントを「家庭でいかせる保育士の手技」としてお伝えします。
[s_ad]

複数の子どもを見守るポイント

全体を視野に入れる

公園で遊ぶ親子でよく見かけるのが「大人が子どもにくっついて、そばで見守る姿」です。
お子様が1人であれば、常に近くでマンツーマンで見守ることができますが、2人以上のお子様がそれぞれ違う遊びをしている時には難しいですよね。
保育士が複数の子どもを見守る際に意識しているのは「全体を視野に入れる」ことです。
3人以上の場合は一番離れている二人を視野に入れると、自然と全員視野に入ると思います。

危険を予測をする

全員を視野に入れる=お子様との距離が離れてしまいます
ここで大切なのが危険予測です。
全体を見ながら、危険な箇所・危険な行動を予測し対応するのが一番大切です!
保育士としての経験がいかされる部分でもありますが、ポイントもたくさんあるのでご紹介します。
[s_ad]

ここに注意!危険ポイント
  • ブランコ
    私が一般的な公園遊具の中で、1番怖いと思っているのはブランコです。
    加速度のついたブランコにぶつかると、思わぬ大事故になってしまうことも…。
    近づきにくいように柵もついていますが、遊びに夢中になっているお子様たちにとって、柵はないも同然です。
    一度こぎはじめると、乗り手が制御するのが難しいことも特徴です。
    小さなお子様であれば、まだ上手にこげないので、大きな衝突事故にはならないかもしれませんが…大きなお子様が勢いよくこいでいる時や、うしろで大人の方が背中を押してあげている時のような、振り幅が大きい時には要注意です。
  • すべり台の下
    すべり台から滑ってきたお子様とぶつかる可能性があります。
    ブランコと同様に、加速度がついていると、思わぬ事故になってしまう場合もありますので、注目したいポイントです。
  • 死角(見えない部分)
    アスレチックの下など、死角になりそうな部分に行った場合は一度様子を見に行くか、事前に危険なものが落ちていないかチェックしておくと良いでしょう。
    (ガラス片やタバコの吸い殻など、誤飲してしまうと怖いものや、触ってほしくない物が落ちている場合もあります)
  • 道路に面している方
    できれば、車道に面していない公園の方が見守りやすいですが、そうでない場合が多いと思います。
    道路側にお子様が移動しはじめたら要注意!
    突然走り出しても止められるような距離感に移動しましょう。
  • 大きいお子様が遊んでいる方
    見守りやすさで言えば、大きいお子様の遊ぶ時間帯を避けて(学校に行っている平日の午前中)公園遊びを楽しめるのがオススメです。
    休日等でそういった時間帯を選べない場合には、なるべく大きいお子様が遊んでいるのを避けて遊ばせる方が良いでしょう。
    鬼ごっこなどに夢中になっている子どもたちは、いきなり方向転換をしたり、周りが見えていないことが多いので要注意です。

上記が特に気をつけたい危険ポイントです。
他にも公園やお子様の気質によっても注意すべきポイントは変わってきます。
死角の多い公園や
大人が入れないくらい通り口の狭いアスレチック
すべり台の下があそびの動線になってしまっている公園など
ママが「ちょっと怖い気がする…」という気持ちを大切に、よく行く公園の危険箇所=要注意ポイントを事前に考えておきましょう。
[s_ad]

子どもが要注意ポイントに近づいたら…

全体を見ながら、お子様が要注意ポイントに近づいたら

  • 声をかけ や
  • 近くに移動 しましょう

「そっちは車が通る道だから危ないよー」と声をかけるだけでわかってくれるのであればそれで良し◎
とはいえ、子どもが遊びに夢中になって、全然聞こえていない場合や、そもそも言葉での意思疎通が難しい月齢のお子様もいらっしゃると思います。
その場合はスグに手を出せる(止められる)距離まで近づきましょう。
一人のお子様に近く際にも、視野に他のお子様を入れて移動するようにしましょう。
(もう一人のお子様に背を向けずに移動するような感じです)
危険箇所が多い場合や
全体を見るのが難しいと感じた場合

次の方法も合わせて試してみてください。

>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア