【レゴランド】多胎児ママが事前チェックしておきたいポイントと楽しみ方!

三つ子とお兄、4児の母のLinaです。
2018年夏、お兄と2人で名古屋にあるレゴランド・ジャパンに行きました!
今回三つ子はお留守番でしたが、多胎児ママ目線で見てきたので
多胎児ママなら事前にチェックしておきたいポイントと、レゴランドの楽しみ方を紹介します!

双子ちゃん、三つ子ちゃん…多胎児ママの知りたい!おでかけ情報!
レゴランド・ジャパン

Point☝️

レゴランド

もくじ

多胎児ママは厳重警戒!?小学生でもアトラクションは大人と2人で乗る必要あり!

レゴランドに行く時に特に注意して欲しいのがアトラクション毎の年齢・身長制限です。
例えば

大人1人と子2人
・母
・子A(身長130cm)
・子B(身長110cm)

上記の3人で来園した場合

【利用制限】
・90㎝以上~130㎝未満の方は付き添いが必要です。

このような利用制限のあるアトラクションに乗る際(特にシートベルトが必須な乗り物)は
大人が2回連続で乗らなけばなりません!

はじめに子Aが隣り同士で乗車し
その間、子Bは待ちます。
(そもそも、1人で待てる子じゃなきゃ厳しい!)
子Aの乗車が終わると、は座ったまま、子だけ入れ替わります。
子Bが乗車している間、子Aは1人で待っていなければなりません。

自分の身に置き換えてみると…
三つ子がもう少し大きくなって兄妹4人連れでレゴランド行ったとして…

他の子3回分も待っていられるかな?
100歩譲って、全員ちゃんと待てたとしても
私が4回連続で乗ることが無理ー!(ゲロゲロ〜!)
ワンオペで連れて行くのは厳しそうです!
レゴランドでアトラクション満喫したければ、大人の頭数を揃えましょう!

ちなみに、付き添い人の条件は年齢16才以上+身長130cm以上なので、高校生でもOK!
アトラクション毎の詳しい利用制限表はこちら(レゴランド公式ページへ)

保護者の付き添いがクリアできれば年齢3才以上+身長90cm以上だと多くのアトラクションを楽しめます!

レゴランド

アトラクションだけじゃない!子どもが主体的に遊べる!それがレゴランド!

レゴランドが他のテーマパークと一線を画してる!と思うのは
子どもが主体的に遊べる仕掛けがいっぱいなところ!

特に子どもが主体的に、夢中になって遊べる!と感じたアトラクションを5つピックアップしてご紹介します!

1、レゴで作った船で渓流下りの競争!ビルド・ア・ボード

今回お兄が一番ハマってたのはビルド・ア・ボード
レゴで作った船を流して遊べる体験型アトラクションです!
コースがうまくできていて、ちょっと”船っぽい”ものを作って流しただけじゃ、すぐに転覆してしまうんです!

↑上動画 中盤で転覆 ↓下動画 初めて一番下まで無事に到着

バランス良くするにはどうしたらいいか?
転覆しない船を作るべく、色々研究している様子。
口を出したい母、グッと堪えて見守ります…

最終的には自力で転覆しない船作りに成功!
その後も「速い船にする!」と改良をやめないお兄。

トライ&エラーを繰り返して成功を掴む!次の課題を見つける!
これってすごいこと学んでるんじゃ?!
いいじゃん!レゴランド♡

今回行けませんでしたが、屋内アトラクションビルド・アンド・テストも、上記の船作りのように、レゴでクルマを作ってみんなでレースをしたり、飛行機を飛ばしたりできる屋内アトラクション。
こちらもコースに工夫があるようで、季節・天候問わず楽しめそうです!

2、圧巻のスケール!遊び心の集大成?!ミニランド

レゴランドの中心にあるのがミニランド!
日本の主要都市を1,000万個以上のレゴで再現した場所で、クオリティもスケールも凄い…!!

しかも“ただ再現”だけでなくて、たくさんの仕掛けスイッチがあって遊べるんです!

ここ押したら、どうなるかねー?なんてボタンをポチポチ笑

細かいところまで本当によくできていて
(多分私が気づけないくらい細かいところまでこだわってるんだと思う)
ずーーーっと見ていられます。

3、レゴ・シティでライセンスをゲット◎

お仕事体験&ライセンスのもらえるアトラクションもレゴ・シティというエリアにあります!

  • レスキュー・アカデミー
    消防士になりきって、火事を消す訓練です!
    2人以上で協力して取り組みます!炎天下の中で楽しみましたが、大人でも結構ハードでした笑


    ↑ライセンスのステッカーが誇らしい様子

  • ドライビング・スクール
    レゴランドの運転免許を取得できます!
    本格的なドライビングスクールは6才〜ですが、併設されているジュニアドライビングスクールでも、ライセンスを取れますよ♩
    1,500円で写真付きのしっかりした運転免許証も発行できます!
    (基本は名刺のような紙のカードです)

    レゴランド
    ↑乗りこなせず悪戦苦闘するお兄

  • コーストガード・エイチキュー
    こちらはモーターボートのライセンスがもらえます!
    …が、私たちが行った日はライセンスの発行なしでした…残念。
    船の操縦は楽しかった様子♩
4、年齢別に開催されるワークショップ
  • レゴ・クリエイティブ・ワークショップ
    デュプロを利用した、3才〜5才向けのワークショップ。完全予約制。
    ワークショップの内容は時期により違います!
    こちらも参加できませんでしたが、話題のプログラミング教育に通づる部分がありそう。
    “身近なモノの作りを理解し、自分で作ってみて、論理的に考える機会”になりそうです。

  • ロボティック・プレイ・センター
    こちらは小学生を対象にしたワークショップ。
    “プログラミングを楽しく学ぶ”と銘打っています!
5、遊びの仕掛けを見つけるのが楽しい!自由に遊べるプレイグラウンド
  1. 自由に遊べる!デュプロ・プレイ
    組み立てられる!デュプロの世界!
    レゴランド
    ↑この写真の柵の奥がデュプロ・プレイw
    大きいデュプロを組み立てて遊べるプレイグランドです!

  2. キャスタウェイ・キャンプ
    公園の大型遊具に、遊びココロがちょっとプラスされた感じ。海賊船モチーフです!

  3. 夏場のプール遊びも最高!スプラッシュ・パッド

    この日、最初に行ったのはスプラッシュ・パッド
    ここは人気で、整理券必須とのことだったので一番最初にGO!

    • 大きなバケツから水がドシャーン!ど迫力の水しぶき!
      なんと言っても衝撃的だったのが、大きなバケツから降ってくる水の量!
      広いとは言えないスペースなのに、ど迫力の水しぶき!
      端っこで大人しくしていた保護者たちも、がっつり濡れるので水濡れを気にせず子どもと遊べるきっかけに笑

    • 見つけて楽しい!仕掛けがいっぱい
      目の前の紐を引っ張ると、頭の上からドッシャーンと水が降ってきたり
      ハンドルを回すと水量を変えられたり
      仕掛けがいっぱいの遊具に子どもたちも夢中でした!

    • プールサイドで見守るレゴたちにもキュン♩
      プールサイドには、本を読みながら子どもたちを見守るじぃじレゴや
      砂のお城を作るレゴがいてキュン♩
      レゴランド
      この子たちは、ただそこにいる。それだけなんだけど、こういう遊びココロがとっても良いと思います!

    • 更衣室はとても狭い…
      更衣室は…とっても狭いです…
      子連れの人は女の人が多いから、パパや男の人と行けるなら子どもは男子更衣室で着替えた方がいいかも?
      確認していませんが「トイレの方が広いよー」と言ってる人もいました…。

    • 全身ドライヤー
      レゴランドは、この水遊び場以外のにも水濡れ必須ゾーンが多々ありますが
      アトラクションの側には全身ドライヤーがあります!
      レゴランド
      使わなかったけど、一度使ってみたい!笑

▶︎次のページではアトラクションの待ち時間や、他のオススメアトラクションをご紹介!

続きを読む
1 / 3

Lina

48,010 views

プチプラと時短が大好き♡ 元幼児教育講師、現役保育士。 4歳のお兄と、2歳の二卵性三つ子の妹たちの4児母。 休日の楽しみは、子連れお出かけ! ストレスフリー...

プロフィール
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA