戌の日カレンダー2020

日本には妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に腹帯を巻いて安産祈願をする風習があります。
戌の日カレンダー2020

2020年の戌の日一覧

1月8(水)、20(月)
2月1(土)、13(木)、25(火)
3月8(日)、20(金・祝)
4月1(水)13(月)、25(土)
5月7(木)、19(火)、31(日)
6月12(金)、24(水)
7月6(月)、18(土)、30(木)
8月11(火)、23(日)
9月4(金)16(水)、28(月)
10月10(土)、22(木)
11月3(火・祝)、15(日)、27(金)
12月9(水)、21(月)
※マーカー部分は大安です

「戌の日」ってなに?

毎年の干支が決まっているように、1日1日にも「日の干支」が割り振られています。
干支の中でも犬は、多産であるのにお産が軽いことから「安産の守り神」とされ、安産祈願は「戌の日」に行うのが昔からの風習になっています。
腹帯を巻くことから「帯祝い(おびいわい)」と呼ばれています。

「戌の日」のお参りどうするの?

タイミング

一般的なお参りのタイミングは妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日とされています。

何するの?

安産祈願のご利益がある神社やお寺などに出向き、妊婦本人と腹帯にお祓いと祈祷をしてもらい、その帯を巻いて親族と会食するのが一般的。
とはいえ、お参りに行かない人もいれば、お守りだけ購入した人、参拝のみの人…人それぞれです。
地域差もあるようなので、気になる方は両家の両親に確認しておくと良いかもしれませんね◎

行かなくても大丈夫◎

「戌の日」のお参りは、行かなかったからといってバチが当たるものではありません。
あくまでも、昔からの風習であり、イベントの1つ。お正月の初詣と変わりありません。
(初詣に行く人もいれば、行かない人も…日付にこだわる人も、こだわらない人も…人それぞれですよね!)
…とはいえ、人生で何回も経験できる訳ではなく、ママの気持ちの安定にも繋がるかもしれませんね。
「多胎妊娠には安定期がない」と言うように、外出がリスクになる場合もあるでしょう。
ご自身の体調を見ながら、イベントの1つとして楽しめると良いですね♩

2019年の戌の日一覧

>About タタイマム

About タタイマム

ふたご・みつご・よつご…
多胎児ママの大変さや不安
楽しさや喜びに寄り添いたい

多胎児ママによる
多胎児ママのための情報メディア