【練馬】キドキドの進化版!ASOBRAVOに行ってみた【多胎児ママのお出かけ情報】



そろそろ梅雨時期。おうちで過ごす時間が多くなってくると思いますが、元気いっぱいの我が子たちの体力を、おもいっきり発散させてあげたいな~とも思いますよね。
そんな時は屋内遊び場に行ってみるのはどうでしょうか。
東京・練馬区にある遊園地としまえん内に2018年11月にオープンしたキドキドの進化版!?「ASOBRAVO!(アソブラボー!)」という屋内遊び場に双子を連れて行ってきたのでレポートしたいと思います。

キドキドの進化版「ASOBRAVO!(アソブラボー!)」に0歳双子と行ってみた

ASOBRAVO!とは

日本全国に屋内遊び場を手掛けるボーネルンド社がプロデュースした施設
ボーネルンド社の屋内遊び場と言えば「キドキド」という施設が有名ですよね!
ASOBRAVO!は1,000㎡という広々としたスペースで子ども達が集団で遊べるのを目指して設計されたようです。
遊び方でエリアが分かれていて、それぞれにたくさんの遊具が溢れていました。

(公式サイトより引用)

魅力は料金!

キドキドやその他の屋内遊び場は、時間ごとの料金加算や、1日フリーパスを購入するにも、平日のみの利用だったり…販売期間・枚数に制限があったりするのですが…ASOBRAVO!の料金は、土日祝日、時間制限もなし!子ども1人1,500円になります。(大人1名は+500円です。)
キドキドの1日フリーパスは、1,700円で子ども1人+大人1人分なので料金的にはお得なのですが、ASOBRAVO!の場合はその料金にとしまえんの入園料も含まれているのです。(のりものに乗る際は別途料金が発生します。)
ASOBRAVO!は入退場自由なので、気候が良ければ気分を変えてとしまえん内をお散歩するなんてこともできそうです。
きょうだいがいらっしゃる多胎児ママさんは、上のお子さんを乗り物に乗せて遊ばせてあげることもできるのではないでしょうか。
ただし、としまえん入園前にASOBRAVO!の利用も申し出てチケットを購入することをお忘れなく!
入園後に施設利用のチケットを購入すると、入園料+チケットの金額になってしまいます。。。

行ってみたレポ!

今回横型ベビーカーで、電車を使って行ってきました。

園 ⇔ 駅

としまえんの最寄り駅には、幅の広い改札も、エレベーターもあったので、横型ベビーカーでもすいすい移動できました。
駅の改札を出てすぐに園の入り口があるので、徒歩移動ほぼなく(段差もほぼないので)ベビーカー移動に支障ありませんでした。

ベビーカー移動の注意

横型ですと入園ゲートをそのままでは通れませんでした!が、係の人が待機しているところの間を扉を開けて通してもらえるので大丈夫です。
ASOBRAVO!内も問題なく移動できました。
遊び場に移動する前にベビーカー置き場にベビーカーを置いて中に入ります。
置き場も十分なスペースがあるので、横型ベビーカーでも邪魔になっている様子はありませんでした。

授乳室やおむつ替えの台がある休憩室あり

ベビーゾーンすぐ隣にベビー休憩室があり、授乳やおむつ替えができました。
ただ、あまり広くはなく…大人も使用できるトイレは1つ。おむつ替えの台は2台だったので、混雑時は待つことになりそうです。

まとめ

我が子たちは生後8か月だったので、主にベビーゾーンでおもちゃを使って遊んできました。
他にも遊んでいる子たちの様子も見て、ボールプールに入れてあげたり、アクティブゾーンにあるマットに座らせてみたり…存分に施設を楽しんできました!
元気に遊ぶお兄ちゃん・お姉ちゃんや、同じ月齢くらいの子たちの様子をみて、かなり刺激を受けたようで、家に帰ってきてからも大興奮の二人でした!

施設について

としまえん・ASOBRAVO!には電車、車、バスなど様々な方法でアクセス可能です。
営業時間が変わる日が多々あるのでお出かけ前に事前に公式サイトにて、確認してから出発しましょう。

\ 公 式 サ イ ト は こ ち ら /
▶ 公式サイト

公開:2018年12月26日
更新:2019年6月2日

kaopan426

愛するパパと双子と4人暮らし 食べること・飲むこと・お掃除が趣味 はじめての妊娠・出産・育児が 双子だなんて…! 貴重な経験を活かした情報を 発信していきた...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA