【年子で双子】を妊娠出産したお話~妊娠期体験談編~

こんにちは、chakiです。

私の子どもたちは1歳と0歳0歳の3人。年子の双子です。自分では「ほぼ3つ子育児」とかなんとかと呼んでいます。

よく街中で、
「双子ちゃんなの?でも双子より年子の方が大変よ~」
というありがたいお言葉をおばさま方にかけていただくのですが、
「年子だし双子なんですよね」
と言うと、返す言葉もなく早々と離れていく方が多いです。謎ですね。

単胎だろうと年子だろうと双子だろうと、3つ子だろうと4つ子5つ子だろうと、育児はいつだって何だって大変なのになあと、思う日々です。子育てをしているみなさん、毎日お疲れ様です、私たち偉いですよね。

そんな私の妊娠発覚から出産、現在まで、数回に分けて書こうと思います。

きょうだいが欲しいママ、上の子がいて妊娠しているママ、年子ママの参考になれば幸いです。
きょうだいが増えるって嬉しいけれど、第一子の時とは違う悩みや不安、あるんです。

妊娠発覚時、長女はまだ7ヶ月

夫に「妊娠してない?調べてみたら?」と、言われるがまま検査してみたんです。妊娠していました。エスパーなんですかね。私に妊娠の自覚はありませんでした。

2学年差できょうだいを考えていました。でもまさか、2学年差のきょうだいを授かる12回あるチャンスのうちの1回目で授かることができるなんて思いもしませんでした。予定日は4月。年子じゃないじゃん?と思う方、大変恐縮ですがどうぞ最後までお付き合いください。

翌日には7ヶ月の娘をエルゴで抱っこして、近くの総合病院に行きました。まだつかまり立ちするくらいの乳児です、7ヶ月って。今考えてもぞっとします。なんせ今我が家の双子は6ヶ月。こんな状態で当時妊娠発覚したのかと思うと、よく乗り切ったなと思うわけです。

きょうだいが欲しいと思ったものの、実際に授かると次から次へと不安が湧き上がってきました。もちろん嬉しいです、嬉しいんですけど不安でした。

妊娠する=赤ちゃんは1人だと思っていた

心拍も確認し、そうかー娘にも弟か妹ができるんだなあとぼんやり考えていました。
事態が変わったのは初診から1ヶ月後。双子だと発覚したんです。

え?先生今なんて?みたいなありがちな言葉も出ず、双子って何だっけみたいな気持ちでした。ゲシュタルト崩壊的な。
私の人生の設計図に「双子」なんてありませんでした。早めに結婚したら子どもは3人欲しい、男の子も女の子も育てたい。40代には育児がひと段落して夫婦で海外に移住しようみたいな。双子かあ。双子って何だっけみたいな。双子、、、

次から次へと湧き上がる不安、、、

母子手帳を2冊受け取った私は娘を抱きしめたまま喜ぶ気持ちとは裏腹に、不安の渦にぐるぐる引き込まれていきました。

腕の本数が足りないのでは

今まさに7ヶ月の娘を抱っこしているのに、これから双子がやってきたら単純に腕の本数足りないなと思いました。そういう問題じゃないと思うんですけど、これは凄い悩みました。娘をみながらどうやって双子を育てたらいいの?3人同時泣きしたらどうしたらいいの?

メルカリで「双子 バウンサー」とか検索したり、Weego ツインという海外の同時抱っこ出来る抱っこひもを見つけては個人輸入法を調べたり。

つわりが始まったら?もし入院したら?娘の預け先は?

誰が娘に離乳食をあげるのか。私がトイレに引きこもっているとき誰が娘をみるのか。
自分の食事も儘ならなくなることをたった1年ちょっと前に経験しています。

つわりが終わると今度はどんどん膨らむであろうお腹。娘をいつまで抱っこしてあげられるのだろうか。

そして最大の悩みは、娘の預け先でした。多胎妊婦はハイリスク妊婦。早い段階で管理入院になる可能性が高いから、娘の預け先を今から考えておくようにと助産師さんに言われました。ハイリスクな現状よりも実家は遠方ですし、夫は激務でした。いわゆるワンオペ育児。え?どうするんだーーー?入院なんてできない。考えてもわかりませんでした。

そもそも3人も育てられるほどの人間なのか

ここまでくるとマイナス思考に拍車がかかっていました。

そんなことを考えるうちにつわり期に突入。

うぅ、無理。


▶︎次のページは「不安だったこと、実際はどうだったの?」

chaki

1,353 views

1歳0歳0歳の年子双子のハハ 「ほぼ3つ子育児」と呼んでいます 妊娠5ヶ月の時に双子会を立ち上げ 都内最大規模の双子会となりました 食べることと音楽、楽器が...

プロフィール

関連記事一覧