【三つ子出産期】③緊急帝王切開・産後のあれこれ

▼前回の記事
第一回記事「妊娠&シロッカー手術について」
第二回記事「管理入院」

管理入院も75日目を迎えた34w6dのこと。
朝一番に入ったトイレでほんのわずかですが鮮血が出ていることを確認。
すぐ夜勤の看護師さんへ伝え、モニターを装着してもらい、お腹の張り具合を見てもらいました。
暫くして当直の先生が「張りは落ち着いてきたけど、もう34wだし、お母さん十分頑張ったから産んじゃおう!様子見たとしても、明日から土日で先生達少なくなるし手術するなら今日がいいよ。」
とまさかの大人事情も含んでいた!(笑)

手術準備~手術中のこと

手術準備

早産になるので胎児の肺の成長を促すステロイド注射をしてもらい(筋肉注射なのでこれがまた痛い!)、その後病室のベッドごと分娩室に運ばれる筆者。剃毛や、手術準備のために点滴のルートを数本取られました。

この間に家族に連絡(夫には朝一で手術になるかもと連絡し病院へ向かってもらっていました)、Twitterやインスタグラムでフォロワーさんに手術になるよー!と報告。

手術室に入るまでスマホ片手にそわそわしていました。

さて、連絡したころには会社の最寄り駅に着いていた夫も到着し無事に手術室へ。シロッカーぶり2回目の手術室です。
あれよあれよという間に裸にさせられ手術台で麻酔をかけてもらい先生到着を待つ筆者。この時何かあったときのために、と輸血用の点滴のルートも取られます。

手術室のスタッフの多さに驚き!

多胎児の帝王切開は、手術室に沢山のスタッフが入ります。
私が覚えてるかぎりでは、
⚫執刀医、第一助手、第二助手
⚫担当の麻酔の先生、サポートの先生
⚫担当の助産師
⚫産まれてくる赤ちゃん1人に対して1人ずつの新生児科医師と看護師
⚫その他オペ室の看護師(何人いらっしゃったかは把握できず)

確かに、土日でスタッフが少ない時の品胎妊婦の帝王切開は大変ですね…。
幸いにも、執刀医は担当の周産期センター長にしてもらえましたし担当の助産師さんも出勤していたので個人的にはベストメンバーでの帝王切開になったと思います。

いよいよ帝王切開!

緊張していないと思っていましたが、麻酔が終わって仰向けに戻った時担当の助産師さんが手を握って下さいました。
今までの入院生活を思い出し涙が溢れ出てしまいました。助産師さんやオペ看の方が優しく声を掛けて下さり、さらに涙腺崩壊。

35w過ぎるまで頑張るつもりだったのでお腹の三つ子に申し訳なくなり悔しい気持ちと、早く産んでしまいたい、楽になりたいという気持ちで複雑な気分でした。

今回は気持ち悪くなることもなく、また緊張のあまり頻脈で先生に笑われる事無く順調に進みました。

「34w6d、陣発による⚫⚫さん(筆者のこと)の緊急帝王切開開始します」と執刀医の声で手術スタート。

手術が始まってすぐ1人目が誕生。お腹を開いてからが早かった。

11:44、1人目。11:45、2人目。11:46、3人目。一分おきに出てきます。

自分の体が大きく揺れ、そして一人ずつ出る度に体がどんどん軽くなることに驚いた筆者。
3人とも産声をあげてくれ、ホッとしたのも束の間、すぐに新生児科の先生が処置、保育器に入ってNICUへ向かいます。
この時、担当の助産師だった方が眼鏡をかけさせてくれ、NICUへ向かう三つ子を保育器越しに見せて下さいました。
一瞬だったけど、頑張れ~!とエールを送る事ができました。

筆者は術後の処理をしてもらっている最中にシロッカーの糸も抜糸したそうです。麻酔がかかっているので感覚はゼロ。
あっという間に手術が終わりました。

長くなるので次のページへ。もう少しお付き合い下さい♪

maco

2,600 views

4歳のお姉ちゃんと1歳の三卵性三つ子を育てています。 最近のストレス発散方法は子供たちが寝静まってからAmazonプライムで海外ドラマや映画を見ながらお酒を...

プロフィール

関連記事一覧